2010年06月03日

a park near my house


harappa_park.jpg

ライオンの親子が年々剥げてきます。
全部剥げて真っ白になったら、かっこ良いかもね。
posted by ani at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月31日

edible wild plants

edible-wild-plants_001.jpg

今日は、大学の同僚の先生から山菜をおすそ分け。どっさり。


edible-wild-plants_002.jpg

緑 白 紫 ワイルドできれいだ。


edible-wild-plants_003.jpg

春の恵みを美味しくいただきましたー。
ウドの茎は、後ほどきんぴらに。


posted by ani at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

spring has come! party U @ atta

atta.jpg

はい、いつもの。 美味いよ。


atta_4.jpg
atta_5.jpg

徐々に増えるのです。


atta_6.jpg

そして、茹でるのです。


atta_9.jpg

Nana nice!


atta_13.jpg

Kino-p nice!


atta_11.jpg

そして、atta史上最高の大入り。 床が…

朝の7時過ぎまで絶え間なく話が進むのでした。
面白かったー。ここから色んなものが生まれるといいなぁ。


curry.jpg

はい、残ったそば汁を和風カレーにして後片付けしたのです。
へへ




posted by ani at 02:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月27日

Sometimes,

pafe00.jpg

We have meeting outside atta.
("atta" is our atelier and studio, sometimes becomes like a salon.)
http://attatta.com

It will begin soon.
"atta class for skill up"

maybe…
posted by ani at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月19日

Oberhausen 03 May

100503_ober_3.jpg

果物、シュパーゲルきれい


100503_ober_17.jpg

クリストフとクリストフ


100503_ober_23.jpg

カフェの看板 気ずくと色んな言語で歓迎されてた


100503_ober_26.jpg

カフェ天井の垂れ幕にシェフの映像作品


100503_ober_28.jpg

静かな会場


100503_ober_29.jpg

ディスカッションスペース


100503_ober_30.jpg

残業するスタッフ


100503_ober_31.jpg


この日は朝から3本のプログラムと夜はライブラリーで気になる作品を見た。

会場までの商店街には、いつも通り出店が並びます。
そう言えば、歩きながら果物を丸かじりの人はよく見かけたなぁ。

1つ目は、Fred Worden アメリカ作家の特集上映
ファンドフッテージ、構造主義的な作家。近作のビデオ作品によるプログラムだった。
始めの2作品くらいは、最近ぼくがビデオで実験中のものに酷似していたので、ちょっと
やられた感はあったもののコンセプトはかなり違うなぁと気付いてからは落ち着いて見られた。
フレーム単位でパカパカとモンタージュを繰り返すので前のコマと次のコマが目の錯覚で合成しているように重なって見える構造。

2つ目は、昨年のフランス巡回上映でお世話になったパリの実験映画配給 Light Coneのプログラム。
ディレクターのクリストフが来ていました。
クリストフとは前々日の夜に会場で会って、そのままライトコーン作家達の飲み会に誘われた。
その場でクリストフが昨年の太田さんの日本実験映画巡回プログラムで上映された作家だと紹介してくれたので、すぐに何となく打解ける。優しいクリストフが紹介してくれたもう一人のダンディなクリストフもとても良い人。ぼくらの片言の会話に合わせてゆっくり話してくれる。大学で映像を教えているそうだ。DVDを渡すとぼくの作品を見たのを覚えていると言ってくれた。嬉しい。
という様なことがあったので、元々楽しみだったけれど、更に期待の膨らむプログラム。予想通りこの映画祭の中でも極めて実験的で興味深いプログラムでした。

特にピーター・マイラーさんの作品「Chladni Scheme」が非常に良かった。
フィルムにおける音と映像についての映画。考え方その物は新しくはないけれど、
作り方やビジュアルにとても共感できるところがあって、”今風”な感じがしてとても面白かった。上映後に本人に話しかけサウンドトラックが映画のイメージから作られていることを確認。一応英語で話かけたけど、向こうが察してくれてノートを取り出しお互いフィルムの絵を描いて単語と筆談。
どちらもフィルムの絵を描き慣れている感が嬉しかった。 笑

名刺交換をしたので後々調べてみると、シカゴのアートインスティチュートを卒業して現在は、ケルンのメディアアートインスティチュートへ通っている。しかも担当先生はマティアス・ミュラー。納得。
うーん、ケルンのメディアアートの学校はかなり面白そうだ。 
マティアス・ミュラーは今回連絡を取ってオーバーハウゼンでお会いする予定だったけれど、彼の都合で来られなくなり会えなかった。残念。。
只、こう言う形で何かしら繋がってくるのがとても面白い!

3つ目は、Gunvor Nelson スウェーデン系アメリカ人作家の特集上映
これがまた本当に面白かった。5,60年代からサンフランシスコ圏の前衛映画で活躍した女性アーティスト。女性的な視点から見つめる家族の記録・記憶といったものが作品テーマであったが、手法はファンドフッテージ、コラージュ、白黒フィルム…
と年代、地域、手法から連想するのはやはりブルース・コナー。
本当に良く似ているなと思った。只、内容は家族についてのことに一貫しているので、胸に突き刺さる様な強さのある作品だった。ブルース・コナージェンダー版といったところかな。言うまでもなく、ぼく以上に佐竹がどっぷりハマっていた。

映画館での鑑賞を終えて、20時から予約していたビデオライブラリーへ。
時間の都合で見逃した、マティアス・ミュラーの作品
なかざわさんお勧めのジャーマンコンペティションの作品
Gunvor Nelsonの別プログラムの全作品
を鑑賞。充実。満腹。

上映も全て終わり静けさの会場を少し見回りつつ、毎夜のフェスティバルカフェへ。あと1日です。



posted by ani at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月12日

Oberhausen 02 May

この日からは、オーバーハウゼンを出ることも無く、映画三昧。
前の日までは、どちらかと言うと美術館三昧でした。。

100503_ober_2.jpg

100504_ober_121.jpg

出品作家やゲストは、オーバハウゼン到着時にゲストオフィスで手続きをすませ
首掛けタイプのパスを貰います。
上映チケットは券売所で見たいプログラムのチケットを前日から購入(パスを提示す
ると無料)するシステム。
人気のプログラムは前日中に売り切れになってしまうこともある。
それだけ、映画を見に来る人達がいるということ。

100502_ober_25.jpg

100502_ober_24.jpg

映画館のチケット売り場はこの奥ですが、日中は上映の出入りとチケットの購入でこの混雑。チケット売り場の向かい側はカフェバーになっていて、ここで休憩する人もいます。
会場がコンパクトなので、常に人が密集していて、それがまた活気のある感じに見える。ただ会場が大きかったりきれいだったりするだけが良いってもんでもないですね。人と映画と環境のバランス。

その他映画祭の機能をいくつか紹介します。

100502_ober.jpg

メールボックス
各ノミネート作家・出品作家・ゲスト毎に用意されています。
他のコンペの告知が入っていたり、作家同士の資料交換だったり、
直接会えなくても作品を見て気になる人とのやり取りが可能だったりします。

100502_over_27.jpg

チケット売り場や、ゲストオフィス(映画祭事務所)、ディカッションスペース等に
タッチパネル式の端末が設置されていて、映画監督や映像作家、プログラムのオーガ
ナイザーやスタッフなど映画祭関係者の名前・顔写真を検索することができます。

どちらも参加者同士のコミュニケーションを目的としたツールですが、
木製の手作り棚からデジタル検索システムまで幅ひろ〜くマルチメディアな気遣いです。
他の映画祭はどうなのだろうか?

100502_ober_11.jpg

100502_ober_13.jpg

100502_ober_14.jpg

100502_ober_15.jpg

映画祭会場へ向かう広場の看板

100502_ober_27.jpg

ビデオライブラリー
上映作品の全てが会場別施設に設けられたライブラリーで閲覧出来ます。
ここも常に混んでいるので予約制。
視聴室は真っ暗で皆真剣に見ているので撮影は控えました。けど撮れば良かった。。

100502_ober_22.jpg

専属カメラマンの写真が日々展示されて行きます。

100502_ober_20.jpg

よく見ていると…

100502_ober_21.jpg

ありました!オープニングの時の 笑

100502_ober_70.jpg

上映後のディスカッションは、こんな雰囲気です。
両サイドがプログラムを組んだ選考委員。
1作品毎に選考委員が質問を投げかけ、作家が答える。
その後オーディエンスからの質疑応答。このスタイルはどこでも変わらないですね。

佐竹の作品も含まれたこのプログラムは、アニメーション手法、スチル、記憶、ノスタルジー、家族等のテーマで作品がまとめられていて、今回映画祭で見た中でも非常に面白い内容のものでした。

100502_ober_89.jpg

100502_ober_87.jpg

100502_ober_90.jpg

100502_ober_91.jpg

ディスカッション終了後は、いつもの様にフェスティバルカフェへ。
良い夜が続きます。

posted by ani at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月10日

仏映像作家<上映&トーク>

!!!緊急告知!!!

5/13(木)に北海道教育大学岩見沢校において、フランス映像作家を招いての
上映会&トークイベントが開催されます。
学生に限らず、一般の方誰でも参加可能です。
以下、詳細(画像をクリックすると拡大されます。)

france_100514.jpg

「フランスの映像作家による作品上映と講演」

日時:5月13日(木)15:00〜18:30(予定)
講師:フレデリック・デヴォー氏(映像作家・マルセイユ大学准教授)
   ダヴィッド・キッドマン氏(映像作家・トゥール美術大学教授)
場所:北海道教育大学(岩見沢キャンパス)美術棟 映像実習室(予定)
   岩見沢市緑が丘2-34 Tel/Fax:0126-32-0371

フランスの映像作家で大学教員、地域活動のオーガナイザーでもあるお二人によるフランス実験映画の紹介上映と、フランスのアート状況、教育状況についてのお話をうかがう予定です。フレデリック女史はジガ・ヴェルトフの研究家で、著作もあるとのこと。会の後は、ちょっとした懇親会もある予定(というつもり)。

上映予定作品:
フレデリック・デヴォー「Kシリーズ」、ダヴィッド・キッドマン「ATTENTION A LA MARCHE」「HOT SOCIETY」など(変更の可能性あり)

くわしくは:http://www.hokkyodai.ac.jp/iwa/user/clist_view.php?uid=ito&cid=40


※お問い合わせは、ぼくの方でも構いません。
e-mail:post@filmfilmfilm.org
お時間、興味あのある方は是非是非気軽にご参加ください。

posted by ani at 03:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月08日

ぼけぼけ

atta_ani.jpg

今目覚めたら、もう午後3時!?
ショックー!!!
時差ぼけはそんなにないと思っていたのに、、
珍しく、一度も目覚めずに12時間以上寝てしまった。。
まぁ、おかげでスッキリ!

さて、昨日33になりました。
今年はぞろ目、きれいな数字。
良い年にしたいと思います。

よしっがんばろー!!!
posted by ani at 15:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

01

100430_dus_39.jpg

ホテルはこんなです。レジデンスオーバーハウゼン。

100430_dus.jpg

この日も天気が良いです。

100430_dus_11.jpg

会場周辺の商店街には、朝から色んな屋台が出ていて市場の様な感じで賑わっています。

100430_dus_18.jpg

100430_dus_19.jpg

気付くとどのお店も商品の陳列がみんなきれい。
几帳面に整理して並べらてれいるのがドイツ的なのかな?

100430_dus_4.jpg

ぼく等はこういう所で生活雑貨、布、作品の素材を見つけるのが大好き。
ある意味今回の旅の大きな目的(仕事)の1つ。
またまた大量に仕入れて来ました。 笑

100430_dus_27.jpg

オーバーハウゼン映画祭で驚いたのは、作家・ゲストに対するサポート体制が何から何まで整っていること。
スタッフはみんなフレンドリーで親切だし、とにかく完璧です。
開催期間中の食事は、食券(無料)が配布されて、Festival Cafeや会場内の各スペースで好きな時間に、
気軽に飲食ができます。
食券は、メイン、スナック(スウィーツor軽食)、ワインorビール、コーヒー、
ソフトドリンク×2の計6枚これが全日程分あるので、朝食はホテルだし基本的には滞在中の食費がかかりません。

100503_ober_1.jpg

100430_dus_24.jpg

100430_dus_25.jpg

100430_dus_29.jpg

そのカフェもハンドメイドなとても良い雰囲気。
うーん、attaにもお庭が欲しい…。
普段は恐らくオルタナスペース件ライブホール(日本的にはクラブ?の割りにはとても明るい)
の様なところです。

100430_dus_30.jpg

100430_dus_32.jpg

100430_dus_33.jpg

料理もメイン、スナックともに毎日メニューが変わります。
味は、まぁその時々で良かったり微妙だったりですが、日本では味わうことの
ないものばかりで楽しめます。

100430_dus_34.jpg

映画祭では、基本的には1日中映画ばかりを見るので、その合間の時間に
食事をとったり休憩するのが結構難しい。特に見知らぬ土地であればあるほど。
でもここは、お店とは違ってオープンで気を使うこともなく、プログラムの合間
を縫って作家もスタッフもざっくばらんに会話を楽しみながら、ストレス無くまた次の映画へ
向かうことができます。
色んな国から集う作家・ゲスト達が映画祭を楽しむ為の仕組みが本当に良く出来ています。

100430_dus_42.jpg

100430_dus_45.jpg

100430_dus_47.jpg

午後は、ESSENの「Museum Folwang」へ。
こちらも建築が非常に特徴的(如何にもドイツって感じ)の美術館です。
中庭的な空間を囲みガラス窓というよりはガラスの壁と展示室が互い違いに交差
する様な構造です。

100430_dus_49_2.jpg

展示室の光がとても綺麗でした。
照明は天窓形式で自然光と電気照明で調節されています。
天窓のフレーム部分がスポット用のレールになっていてシンプル且つ機能的な設計。
スポットを使用しなければ天井も含めて全てがフラットな空間となります。
ここで見たリヒターの雲の絵がとても綺麗でした。

100430_dus_57.jpg

こちらが移動車。かなりのイケメン。

100430_dus_58_2.jpg

100430_dus_60.jpg

高速に乗ってオーバーハウゼンへ戻ります。

100430_dus_69.jpg

夜の上映まで、また散策。
この日のお試しドイツ名物は、ライベクーヘンという揚げポテト。
アップルソースをかけるのが本場風だそうです。
サクサクして、ジャムみたいなソースもそれ程甘くなくって美味しい。

100430_dus_70_2.jpg

道ばたに落ちているミニカーもやっぱりベンツ 笑

100430_dus_77.jpg

きれいな並木道が沢山あります。
でも、異国の雰囲気よりも見慣れた感じに思う。
ドイツに行ったと書かなければ、これは、あいの里とか真駒内公園とか、若しくは帯広な感じ。
そっくりです。

100430_dus_96.jpg

100430_dus_99.jpg

夜、上映会場へ。
オープニングの時突然撮り合いをした兄ちゃんは、映画祭専属のカメラマンでした。
こちらに気付いてまた撮り合う。レンズ越しのアイコンタクト 笑

この日の上映は、今回こちらでお会いするのを楽しみにしていた日本人作家の一人、
大山慶さんの作品が含まれたプログラムです。
作品は以前から拝見していてとても好きだったし、同年代で名前の漢字(&感じ)
も似てたりするので、ずっとお話したいと思っていました。
東京ではちょくちょく席を同じくする機会はあったもののなかなか話せず、
今回は、佐竹の上映の付き添いとしての映画祭参加でしたが、こう言う形で他国の
映画祭で出会って交流できることは、とても嬉しく光栄なことです。
作品もアフターディスカッションでのトークも非常に興味深く面白かった。
あまり包み隠さず結構ぶっちゃけちゃう感じが意外でした。素敵です。

トークでは、どんな風に作ったのか、あるカットの意味すること等、終始表現手法
や部分的なことについての質疑が多い様に感じました。これもドイツ風?
フランスではもっと全体的な意図や映像に対する考えみたいな話が多かった気がします。

100430_dus_115.jpg

上映終了後は、フェスティバルカフェで打上げ。
ギューギューなのです。
開催期間中は、毎夜こんな調子で、飲んだり、踊ったり(日本人は踊らない)、
映画の話をしたりと本当にお祭りです。

posted by ani at 00:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月06日

30

ホテルは、会場から歩いて5分ほど。
きれいで快適な宿です。

100430_dus_3.jpg

100430_dus_5.jpg

100430_dus_6.jpg

朝食はバイキング形式で、ドイツのパンにハム、ソーセージ、チーズ etc.
と盛りだくさんです。
興味があったレバーヴルスト、ブラートヴルストがやはり美味しい。
お皿の奥の輪切りのやつ。

100430_dus_21.jpg

この日の昼間は、単独行動でデュッセルドルフのミュージアムを巡りました。

100430_dus_31.jpg

100430_dus_41.jpg

100430_dus_49.jpg

100430_dus_58.jpg

先ずは「K21」現代アートの美術館へ。美術館の建築が面白いしカッコいい。
「silent revolution」というコンテンポラリーアートの現代(特に映像的な方向)
までの経緯を見せる企画展が非常に良かった。カンディンスキー、ロスコ、ステ
ラ、ラウシェンバーグ、ボイス、パイク、リヒター等々、元々興味のある作品が
勢揃い。ラウシェンバーグについては、今年の作品テーマの1つにもあげていて、
コンバインペイントの作品を数点見られたことは、図版だとなかなか分かり難い
発見もあり大きな収穫。
絵画表現を拡張して、「物」の持つ意味や材質感を絵の具(画材)と同じ様に
扱ったコラージュ表現だと理解していたけれど、その物の持つ実用的な要素も
機能的に組み合わされていたり、多視点を意識した構成と扱う素材の殆どは日
用品で、そのそれぞれの視点からは何かしらストーリー的なものを連想させら
れて、コラージュの立体物(若しくはタブロー)なのだけれど映画を見ている
様な感覚があった。本物はいいなぁ〜

100430_dus_51.jpg

100430_dus_64.jpg

この美術館は、受付で写真撮影フリーの申請が出来るので、撮影しながら
見ている人が多いです。

100430_dus_73.jpg

それと、どの美術館に行っても、必ず学生の鑑賞授業を行っています。

前日のケルンでは、ルードビヒ美術館で、ポルケの巨大なタブローも見られたし。
画面が透けて木枠が見えるのとか、絨毯みたいな布地に描いているのとか
図版やネットでは分からないディテールを凝視。
今回は本当にタイミングがいいです。

100430_dus_70.jpg

このDM置きが良いです。atta galleryに是非!

100430_dus_74.jpg

デュッセルドルフの街中の看板は、角丸のフォントがとっても多かったのも、
面白い。

100430_dus_78.jpg

100430_dus_80.jpg

ランチはこれ
デカい!!!
めちゃ美味いです!!!

100430_dus_84.jpg

100430_dus_85.jpg

100430_dus_94.jpg

100430_dus_116.jpg

100430_dus_117.jpg

100430_dus_118.jpg

100430_dus_123.jpg

午後は、映画博物館「BLACK BOX」へ。
動く映像の誕生から、映画の発明、現代の映像技術までの実物の機材、映像玩具等
を歴史を追って鑑賞出来ます。特に影絵の資料が充実していて大変興味深かった。

100430_dus_142.jpg

ライン川沿いのビアガーデンを通りつつ、最後は「Kunst Palest」美術館へ
行って美術館鑑賞終了。デュッセルドルフも充実しています。

100430_dus_153.jpg

夜は映画祭初日の上映へ、
会場は常に大勢で賑わています。

posted by ani at 19:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月01日

29

今日から映画祭ですが、夜の開催式まで、もう少しケルンを散策。

100429_dus.jpg

ライン川岸、この感じは、豊平川の22条橋とかミュンヘン大橋の辺りを
少し大きくした感じ。雰囲気は札幌と似てますね。

100429_dus_1.jpg

でも対岸はこうなる。
やはり大聖堂(奥)の存在感、スケール感がすごい。

100429_dus_12.jpg

100429_dus_9.jpg

午後からは、オーバーハウゼンに行く前に、デュッセルドルフで映画祭作家・
ゲスト向けのアートツアーに合流。
the Julia Stoschek Collection という映像アートアーカイブで、
映画祭向け特別展のレクチャーを受けます。ダンスやパフォーマンス、身体
表現系のビデオアートの遍歴を1960年から2009年まで1年毎に年表の様に
ディスプレイされた展示が分かり易くて、なかなか面白かった。
色んな国の映像作家が集って、キュレーターの話にもかなり熱が入る。

100429_dus_11.jpg

ぼくの大好きな作品もあった。
嬉しい。

100429_dus_8.jpg

バウハウスの演劇映像作品の衣装デザインが非常に興味深い。
今は、デジタルの作品でいくらでも複雑で精密な画面構成ができるけれど、
人と衣装とカメラだけで構成されたダイナミックでインパクトのある表現力は、
ディスクトップオンリーだとなかなか出せないよなぁと。
バウハウスの作品(オリジナルはフィルムでこちらではそれをビデオ展示)は、
ビデオアートにおける身体性とは違って、完全に画面に出て来るビジュアル、
モンタージュ、時間対する構成の意識が強いのところに改めて納得。
とても参考になる資料でした。

100429_dus_13.jpg

その後、ベンツのバスで一同オーバーハウゼンへ。
街全体が映画祭モードです。

100429_dus_16.jpg

100429_dus_17.jpg

100429_dus_19.jpg

オープニングセレモニー
300席以上あるかなり大きなメインスクリーンは、通路も満員。

100429_dus_24.jpg

その後、会場を変えてオープニングレセプションパーティ。

100429_dus_25.jpg

会場に入ると向こうからカメラとハンディのストロボ持った兄ちゃんが
ニヤニヤ近づいて来ます。

100429_dus_27.jpg

「お互い撮り合おうぜぇ〜!」って、いきなり過ぎて、
こっちはピントくるったよ 笑

そんな感じで皆、明るくて優しい人達ばかりです。

100429_dus_32.jpg

0時過ぎ迄、スタッフも地元の人も作家もとてもオープンで良い雰囲気なのでした。

posted by ani at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月29日

まずはケルンへ

100427_koln_4.jpg

100427_koln_5.jpg

27日早朝成田へ

100427_koln_7.jpg

100427_koln_13.jpg

出国前の食事は、何故かコリアンをチョイス

100427_koln_14.jpg

100427_koln_19.jpg

100427_koln_21.jpg

今回は、KLM アムステルダム経由でデュッセルドルフまで

100427_koln_25.jpg

100427_koln_28.jpg

KLMの機内食が結構美味しい、そしてパッケージがシャレてます。

100427_koln_33.jpg

100427_koln_35.jpg

アムスでトランジット
やっぱKLMの飛行機かわいいなー

100427_koln_53.jpg

夜です。
待ち時間4時間でようやくデュッセルドルフへ

100427_koln_56.jpg

自動発券機はそんなに難しくないです。
深夜日も変わる頃に、ケルンのホームステイ先へ到着。

100427_koln_75.jpg

100427_koln_76.jpg

お庭がとても素敵なお宅です。

100427_koln_81.jpg

とりあえずは、ケルン大聖堂へ
この写真は、ヨドバシカメラの一眼交換レンズコーナーに
全く同様のものがあります 笑

100427_koln_89.jpg

100427_koln_94.jpg

100427_koln_95.jpg

ケルンドーム駅

100427_koln_96.jpg

ケルン大聖堂!!!
の下の方、大迫力!!!

100427_koln_108.jpg

リヒターのステンドグラス綺麗です。

100427_koln_118.jpg

シュパーゲル至る所で売っていました、これからが時期とか。
ドイツ滞在中に是非食べたい。

この日は、ケルンの美術館、ギャラリーを歩き回りました。
ギャラリー街は、ショッピング通りに隣接する地域で、札幌だと狸小路を
越えた二乗市場の辺りとか大通りの資料館の裏辺りの位置関係雰囲気のところ
でしょうか。
メインの観光スポットも含めて、徒歩でも充分巡れる丁度良いサイズの街です。
ギャラリーでは、写真絵画の作品が殆どでした。



posted by ani at 14:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月27日

いってきます

ふぅ

準備はいつもギリギリ〜

とりあえず行ってきます!
posted by ani at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月25日

ふむふむ

atta_002.jpg

atta_004.jpg

atta_003.jpg

atta_001.jpg


分かり合うまでもう少して感じ…

しかし、azには珍しいデザインのスウェット。
500円にしてはイイネ。

posted by ani at 21:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月23日

決めた

camera.jpg

色々と迷った末に、決まりました。
こいつを連れてドイツに行ってきます!

作品のネタも思い浮かんで、昨日はかなりテンションが高かった。
制作も進めねば!!!
posted by ani at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月20日

悩む

g4wide.jpg

最近、デジカメの調子がめっきり良くない。
今使っているのは、リコーcaprioG4 wide

購入は、大学院の頃なのでもう8年程前か…
その頃は、コンパクトデジタルカメラも出始めから、各メーカー色々と特色を
出して、バリエーションもずいぶんと増えた時期。リコーは、アナログ時代
から引き継ぐの接写1cmとレリーズタイムラグの短さが売りで、
更に広角28mm(アナログ35mm換算)というところに飛びついた。

まぁ、今となってはどれも普通の機能。しかも300万画素だし。
今や携帯でも1000万画素と言っているのにね。

デジタル機器の最新動向は気にしつつも、
デジデジしてないデザインだったり、使い始めからしっくり
手に馴染む感じが気に入っていて、使い続けていた。使い心地重視。

でも最近、売りだったはずのレリーズタイムラグの短さは何処へやらのシャッ
ターの切れなさ、AFもいつまでたっても合ってくれない、時々突然シャッターが
固まるという具合で、かなり限界に近い。。

実は、来週からGW中ドイツへ行くので、初ドイツに壊れかけのカメラを連れて
行って、何も撮れない、撮らせてくれないというのは、ちょっと避けたい。

ということで、このタイミングでデジタルカメラの新調を考えているのですが、
何を選ぶべきなのかが全くわからない。この2週間程、今販売されているデジ
タルカメラを調べてみたけど、欲しいカメラがあまりない。。
若しくは、欲しいけど高い。。またすぐ良い機種が出そうな気もするし。。
と、大いに悩む。難しい。

色々と使い道を考えて行き着いた案は、2つ。

その1)コンパクトデジカメの高級機種
その2)今あるデジカメ一眼の交換レンズを買う

どちらも理由は、今後の作品に関わることで、
普段の記録にも制作にも使って行きたい。

今年に入ってから、デジタルの映像作品について試作中で、
ハイビジョン化や3D化等、昨今の映像事情の変化に伴って、自分の中で
デジタル映像にも引っ掛かりが見え始めたので、少し試していることがある。
その為には、ある程度のスペックのカメラが必要になってきたのです。

思い返すと、今迄スチルの撮影機のスペックにあまりこだわったことがない。
今のデジカメを使用する以前は、アナログのコンパクトカメラ。

r1s.jpg

リコーR1s

それと、これ

kodak.jpg

中古屋さんのジャンク品のワゴンの中から見つけたコダックのポケット

映像作家としては、かなり酷いと思います。。

ぼくの場合、作品は素材として撮影することはあっても、
基本的にはカメラレスの暗室作業でフィルムにイメージをおこしているので、
撮影による画質的な善し悪しを意識することは殆どない。
あえて"きれい"な映像作りはしていなかったとも言える。

しかし、デジタル映像の場合、今は見せる為の機材や環境によって作る映像の
サイズや画質が異なってくるので、出来ればオリジナルは、現状の最高画質に
堪えうる状態が良い。
そうなると、必然的に画造り的な意味で撮影機の性能も重要になってくる。

フィルムの場合は、作るのも見せるのもフィルムその物なので、
映写機さえあれば世界中どこで上映しても変わらない。

アンチデジタルでは全く無いけれど、今のハードウェアの落ち着きの無さは
あまり歓迎できない気もする。
構造主義の作家としては、この状況がまたネタになると言うこともありますが。

デジカメを買う話から、制作の話へとずれ込んでしまった。
何れにせよ、ドイツへ向けての新調なので、猶予はあと数日…

只、もう1つの悩みは、ぼくのデジカメと海外旅行の相性が極めて悪いこと。
初アメリカ、シカゴに着いたその日に新調したカメラを落とした。
初フランス、ワークショップをするナントへカメラを持ち忘れた。。
初ドイツ、無事ですむでしょうか…
カメラにお守り付けなきゃだな。

まぁ、それ以上に今は噴火がとっても心配。。

posted by ani at 03:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月16日

平面の展示は難しい


4/17(土)から開催の「自分のためにアートを買いたい-U 50,000-」 ’10 @CAI02
http://ameblo.jp/cai02/
に出品します。
今回が初参加。平面作品(写真)を出品します。
この数日は、額装作業と展示のシミュレーションをしておりました。

tenji_001.jpg

水平垂直は無論、額と壁の間に出来る金具の分の隙間を
ま・っ・す・ぐ にしたい!!! ので、それが本当に難しかった。
「ここに指が入らないぃ〜」とか、腕つったりとか、
タケダくんやナナちゃんに電話で聞いたりして、何とか上手く行きました。

映像はある意味動くと言うことでごまかしがきく部分があって、
最終的に画面の中に映らない部分は、大抵はあまり気にしなくても良い。
勿論、作品によるけど。
それに、映像には平面みたいな表と裏というのはないですからね。
映像の裏はスクリーンの黒い裏地かな?配線が突き出すプラスチックの面かな?
裏なんて存在しないのかな?
あ、フィルムにはあります!表と裏。

脱線しました。

元、
絵画や写真は平面とは言え、正にモノとして存在するので、
展示の仕方に少しでも気になる、目につくことがあると、
それが作品の見え方に大きく影響すると思う。

「額を壁に掛ける」 とてもシンプルなことだけれど、奥が深いですよね。

そうなると、気になる「あなたの平面裏事情」
やっぱり、atta勉強会(もっとカッコいい名前が良いね)の
第1回は、これですかね。

展示壁がスケルトンで、作品の表と裏両面見られる展覧会とか、面白そうだな。

tenji_003.jpg

出品するのは、一時期テーマを持って撮り続けていたポラロイド写真です。
写真の額装に関しては、全くの独学というか、こうするだろうという予想で
やってみたけど、きれいには出来たと思います。
自分的には、ここ最近見てきたものの成果はあったかなと。

tenji_002.jpg


「自分のためにアートを買いたい-U 50,000-」 ’10
アートとくらす為の展覧会。アートをもっと身近に感じてください。
感性を研ぎ澄まさせて、出会ってください。
好きなアートと出会い、一緒に暮らす。
“アートを買う事”は、実はとてもシンプルなこと。
あなたの日常にもっとアートが溶け込んで、あなたに力を与えること。
こころを潤すことを願って、全ての作品が1点5万円以下、
好きなスニーカーを買うように、アートを買いに来てください。
好きな作品に出会ったら、決心してください。今日からアートと暮らすこと。

期 間:4月17日(土)〜4月28日(水)
休館日:日曜、祝日
(4月24日(土)は、午後5時よりraum1は茂呂剛伸ジャンベ定期演奏会の 
為、入場できません)
オープニングパーティー: 4月17日(土)19:30〜
会 場:CAI02raum1/2/3
時 間:13:00〜23:00
住 所:060-0042 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2
T E L : 011-802-6438
F A X : 011-802-6538 
主 催:CAI現代芸術研究所

出品作家 (敬称は略させていただきます)
浅野 美英子/石川 亨信/伊藤 隆介/伊藤 明彦/石倉 美萌菜/大井  
恵子/織笠 晃彦/
奥山  三彩/岡崎 真哉/大島 慶太郎/樫見 菜々子/上遠野 敏/笠見  
康大/風間 真悟/川上 りえ/
川上 大雅/蒲原 みどり/木野 哲也/君島 信博/菊地 和広/國松 明 
日香/国松 希根太/
黒田 晃弘/合田 尚美/小牧 寿里/小坂 祐美子/佐藤 史恵/齋藤 周 
/篠原 泰子/酒井 広司/
澤口 紗智子/澁谷 俊彦/鈴木 悠哉/kensyo/鈴木 朝美/杉田 光江/ 
仙庭 宣之/高 幹雄/
高橋 喜代史/高橋 俊司/武田 浩志/田村 陽子/田中 由美子/田村  
佳津子/ダム・ダン・ライ/
谷口 明志/土田 俊介/寓 A.K.A TETSUSHI TOMITA/楢原 武正/西田 卓司 
/中橋 修/はなこ/
久野 志乃/平塚 智恵美/平塚 翔太朗/藤沢 レオ/藤本 和彦/船橋 渚 
美子/本間 康恵/祭 太郎/
松隈 無憂樹/矢崎 勝美/山岸 せいじ/山本 雄基/ぴたぱん/
posted by ani at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月14日

新しい仕事

2,3月は年度末で不本意ながらもえらく忙しかったけれど、4月に入ったら
それはそれで、仕事の多さは変わらない。
今年度は、教務委員という新たな仕事を仰せつかった。

因に昨年度は、入試委員を担当していた。
先輩先生方曰く一番大変な仕事だそうだが、実際のところは、
年間を通して(特に10月以降)土日の時間拘束は確かにキツかったものの、
学生がどのように大学へ入って来るかのシステムが良く分かったし、色々と
出張にも行けて、仕事自体は面白かった。

しかし、この教務のお仕事は、、、かなり大変そう。。
とりあえず、4月に入ってからのこの2週間、先週は新年度のガイダンス、ミー
ティングで司会に説明にしゃべりっぱなし。
元々ぼくの授業は演習しかないし、会議等でも基本的に発言したりディスカッ
ションし込む方ではないので、とにかく大声でしゃべり続けた1週間はとっても疲れた。
普段とは違う頭を使った。
今週はゼミ配属期間で、学生、教員が次から次へと部屋を訪れる。
授業の準備も間々ならない。止めどなく業務が舞い込む。

更に、教務委員会。
ここは、大学組織全体のしがらみ、歪み、理想、矛盾が集中する所(の様な気がする)、
会議に出ていると、まるで、いくら回してもすっきりきれいにならない
洗濯機の中に放り込まれているかの様で、
各所(教養、専門、事務方)の意見というか"想い"がグルグル巡る。
そうなると会議が終わらないので、提案された事柄は「無し」にはならず、
基本「やる」という話になる=業務増。
なるほど、だからこの担当の先生方は、ひたすらにデスクワークが多いのか、と。
学内向けのメールや書類の作成がやたらに多い、気がする。。

自分の仕事の管理は、それなりに出来るつもりだけれど、ある意味他人の管理まで
任されるこの仕事は、ぼくの拙い事務処理能力でこなせるかが、少し不安だ。
いや・・・。

只、日頃あまり話す機会のない教養の先生方とコミュニケーションがとれたり、
どの先生がどんな授業をしているかやどんな研究をしているかを知れたり、
大学での教育がどんな方向へ進んでいるのかが分かったり、それ程知りたい訳で
はないけれど各学生の状況が逐一把握出来たりというのは、色々と勉強になる(かな?)。

まぁ、とにかく今年も色んなもの積み込まれてハンドル握ってる感じなので、
せっせと運びきるしかないのです。

posted by ani at 01:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月07日

オレンジ

agfa_001.jpg

agfa_002.jpg


4月には手帳を新調するのです。
今年は、オレンジのカバー。

なかなかしっくりくるのがなくて、4月ちょっとズレこんじゃったけど。
良い感じのと出会いました。

アグファの手帳という訳ではなくって、
去年パリの蚤の市で見つけた、アグファの古い写真の発注書(?)みたいのを、
カバーについている透明のポケットに差し込んでいるのです。

こういう古い印刷物にすごく魅かれる。
説明書とか、切手とか、地図とか、あとは紙幣とか。

それと、オレンジ色が自分の中では結構きてる。
今年は、この色の物が増えそうな予感。

posted by ani at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月06日

ケナログ

kounaien.jpg


ものすご〜く久しぶりに口内炎ができた。
なった記憶がほとんどないので、多分2年くらいは出来てなかった様な…

薬の箱がカッコ良いので、とりあえず。

しかし嫌だね口内炎は。
posted by ani at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記