2010年08月24日

transport

toransporte.jpg
posted by ani at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月20日

よい夜よい昼

odori_001.jpg

odori_002.jpg

odori_003.jpg

8/18
大通り公園の骨董市へ行く。hsのデザイナーさん3人も一緒。
今回は特に収穫なし。おじさんの空き瓶ガラス細工は面白かった。
大通りでの市はなかなか雰囲気が良い。


toyohira_001.jpg

toyohira_006.jpg

toyohira_003.jpg

toyohira_004.jpg

toyohira_005.jpg


8/19
お盆を過ぎても30度。暑い夏良いです。
撮影と来週末のデ研BBQの下見を兼ねて、豊平川サイクリング。
久しぶりに東雁来の方まで行った。
去年よりも緑のモッサリ感が濃い。


pasta.jpg


夕食は、また生です。


posted by ani at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月14日

生パスタ

pasta_001.jpg

pasta_002.jpg

pasta_003.jpg


昨日は、川村さん、小川くんと生パスタパーティ。
平たいのも、細いのも、まぁまぁ良くできる。
パスタマシンは皆で作れるので結構楽しい。
今年の秋のattaは、生パスタパーティもありかも(笑)
完成形撮り忘れたけど、うまい!!!


posted by ani at 23:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月12日

きたきた

rr_001.jpg

rr_002.jpg

rr_003.jpg


ラウシェンバーグのコンバインペイントの図録が届く。
324ページ、作品写真はほぼフルカラー、かなりのボリューム。
装丁もカッコ良い、というか表紙の本人写真がカッコ良過ぎ。
まだサラッと目を通しただけだけど、50,60年代の作品中心で、思っていたよりも平面的なものが多かった。
お盆休みにじっくり読み込んで、今年の後半の映画作りに備えよう。
非常に楽しみ。
posted by ani at 02:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月07日

ART BOX 始まりました

artbox_oshima.jpg


JRタワーART BOXでの展示が始まりました。
これから3ヶ月間展示されています。
駅を通りかかる際には、是非、見てください!

*****
[ One Second Station ]

会 期:2010年8月1日(日)〜11月10日(水)8:00〜22:00
場 所:JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
問合せ:JRタワー文化事業室 ☎011-209-5075(平日)
website:http://www.jr-tower.com/artbox

*****


7/31-8/1 搬入風景

IMG_2555.jpg


夜の10時、attaから運び出します。
タケダくん、センバくん、ナナちゃん、佐竹の心強い完全協力体制で臨みます。
とにかく、ART BOXは事前の試しが全くできない一発勝負なので、何が起こるかわからない。
念には念をで、色々と持って行きます。


IMG_2561.jpg

IMG_2566.jpg


先ずは、展示壁を外に出す。
ギリギリのスレスレでしたが何とか出ました。


IMG_2572.jpg


他、モニタ、ライトボックス、工具、夜食などなど諸々積込んで出発!


IMG_2577.jpg

IMG_2590.jpg


JRタワー地下搬入口に到着。
搬入口までの経路が分かり難くって相当に時間がかかり、タケダくん達を待たせてしまった。ごめんなさい。。
手分けして、ART BOXまで運びます。


IMG_2613.jpg


遠目には、こんな感じ。


IMG_2621.jpg

IMG_2624.jpg


さっそく、展示壁の設置に取りかかりますが、早速の問題発生!!!
何とサイズのミス!!!
ぼくは、応募の仕様サイズで設計していたのですが、ボックスの実寸は、
それよりも大きく、隙間無しのピッタリサイズの予定がかなりの空間ができてしまった。


IMG_2630.jpg

IMG_2637.jpg


さて、どうしたものかと、とりあえず壁をつけてみて暫し考えます。
自分では、客観視がなかなか難しくって、皆の意見に助けられました。


IMG_2638.jpg


わざとらしく、壁のまわりをクランプ留めにするというアイデアも出しましたが、
この空間が逆に良いという意見に落ち着き、作業続行となりました。


IMG_2646.jpg

IMG_2650.jpg


壁の固定の前に、配線をします。
穴の位置も計算通り。一ヵ所柱でコードを噛んでしまう所がありましたが、
穴を広げて解決。新調の工具も活躍です。


IMG_2653.jpg


ライトボックス問題なし。
今回ライトボックスは2台発注しました。
アルミ製のフレームに、蛍光灯の付け替えと表面のアクリルの取り外しがしやすい構造。
電源コードは布巻き、プラブもゴツい感じのもので、色々と要望を聞いて頂いて
かなり良いものが出来ました。
発注は初めてでしたが、とても勉強になった。


IMG_2663.jpg

IMG_2665.jpg


ライトボックスとモニタの取り付けは、壁板と骨組みの固定を兼ねているので、
平行して取り付け作業を進めます。
2人は、ほんの少しの指示だけでお任せできるので、本当に助かります。
工芸社の方は、数年前に比べて、モニタとメーカー純正の取り付け金具の軽量化と簡易化に興味心身でした。
確かに、純正の取り付け金具はよく出来て、設置しやすい。
サイズも正確なので設計もしやすかった。


IMG_2672.jpg

IMG_2686.jpg

IMG_2690.jpg

IMG_2696.jpg


次々取り付けて行きます。


IMG_2709.jpg


ここまで来ると大きな作業は、ほぼ終了。だいぶ見えてきます。


IMG_2731.jpg


モニターの画質設定、これにかなり時間がかかってしまった。
今回使用した、デッキとモニタの相性が良くないらしく、HDMI接続のデッキで再生中だと、
設定メニューを読み込むのにもの凄く時間がかかる。
デジタル化の悪影響ですね。
ブラウン管モニタの時には、摘みを捻るだけで済んでいたものなのに。。


IMG_2740.jpg


工芸社の方から、ライトボックスの光量が均等じゃないとのチェック。
確かに、長い方は上半分が少し暗い。
attaでは、気付かなかったのですが、光を扱う作品の繊細なところです。
これもまた、勉強。


IMG_2746_2.jpg

IMG_2747_2.jpg

IMG_2752_2.jpg


2人にガラスをきれいに磨いてもらいます。何か良い光景。
これDMにしたいくらい(笑)


IMG_2753.jpg

IMG_2755.jpg

IMG_2759.jpg

IMG_2760.jpg


廻りのチェック、壁のキズを仕上げ塗り等、微調整をして、ガラス戸を閉じて完了です。
ここまで約4時間。午前2時過ぎくらい。ほぼ予定通りの工程でした。
壁のサイズ違いという大きなトラブルがあったものの、致命傷にはならず、
結果すっきりとシンプルな展示ができたと思います。
これも、コムロさん、工芸社のオダさんと、
タケダくん、センバくん、ナナちゃん、佐竹の超強力なサポートのおかげです。
あいがとうございました!!!


IMG_2803.jpg


最後はやはり記念撮影なのです。
いい感じだ。





posted by ani at 18:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月04日

今年の夏は、

summer-night.jpg

北海道らしからぬ、夏らしい暑い夏。あっついのは嫌いじゃない。
でも、この暑さのピークも今週までだって。
ぼくの夏はこれから〜ってとこだったんだけども、
まぁ、引き続き制作に励もう!!!
posted by ani at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月23日

フィルムの検討


film_001.jpg

film_002.jpg


今回は、露出のテストにかなりの時間がかかった、その前にロケハンとデジタルでのテストにも時間をかけていたのだけれど、6、7月の週末に良い天気少なかった影響が大きい。
それでも何とかうまく行きそうなフィルムが出て来たのでこれらを使って次の行程へ進める。ここからの作業は楽しみだ。
しかし今回は、久しぶりにアナログで写真を沢山撮ったな。


teisen.jpg

attaへの行き帰りで必ず通るテイセンボウル。
もうすっかり見慣れてしまったけれど、改めて見て、変な存在感だよなぁ。
ピンがデカイよ。


posted by ani at 02:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月20日

壁をつくる

wall_001.jpg

wall_002.jpg


今日は1日壁作り。
何の壁かと言うと、8月から始まるART BOXの展示用の壁。
ボックス内は打ち付けが出来ないので、モニター等をレイアウトする為には、
自分で壁を作るしか無い。

汗だくでTシャツ3枚も着替えながらなんとか骨組みをと思ったが、
ある程度組んで採寸してみるやっぱり歪んでいる。。
骨だけだと、ぼくの技術では直方体をうまく作れない。。やはり面で組む事が必要か。
むーん。

しかし、映像の展示なのに今回もやたらと大工仕事が多い。。
今日はインパクトドライバー新調しちゃったし(ついに)、、、
もっと映像の中身に集中しなきゃいけない気がするけれども、、、
まぁ、上映会の会場を良くするのと一緒と考えると、そういうことなのかぁ(?)

この三連休は、土曜日は大学の振替授業日、日曜日は珍しく高熱を出してダウン。夜中に39度も出ちゃった。丸一日作業できたのは今日だけ、ちょっと厳しいなぁ。
今週は映像の詰めを頑張ろう。


ajisai.jpg


家の横の公園のあじさいが満開。面白い花だな。けっこう好き。

posted by ani at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月13日

atta 同窓会場

7月10日

IMG_2156.jpg

IMG_2163.jpg

先週末、ぼくらの先輩中尾さんが、めでたい報告とともにご来札&初atta
同窓会の様に懐かしい雰囲気の集まりでした。
あの八角のテーブルがあったら、ここは油研だな 笑


IMG_2164.jpg

このツーショットも何か久しぶり。


IMG_2170.jpg

IMG_2172.jpg

そして、めでたい中尾さんはもちろん、旅立つ人へも武田先生から作品がプレゼント。
しかもサイン入り。
今、結婚するか旅立つと武田作品が貰えるらしい !!? なんてね 笑
いいなぁ〜ポートレート。


7月11日

IMG_2181.jpg

結構皆さん朝までいらっしゃったので、泊まり。そして、ぼくは、そのまま撮影へ。
昼過ぎに帰って来るとこんなでした〜。


IMG_2182.jpg

atta帰りに、マルハマさん屋上でのBBQにちょこっとだけ顔出し。
中尾さんと少しお話してお別れ。
いやぁ〜北海道の短い夏、未だ楽しめてないのだけれど、ここはグッと堪えて帰宅。。
もう少しだ、がまんがまん。


7月12日

IMG_2205.jpg

attaにマルハマさん2人登場。
とりあえず皆で夕食。定番の蕎麦とタコ焼きで。

IMG_2208.jpg

今週末、岩見沢グリーンランドで開催の野外フェスJOIN ALIVEに設置の顔ハメ看板の制作でした。
午前3時くらいまでやってたそう。お疲れです。
行かれる方は是非顔ハメ写真撮ってみてください〜。

posted by ani at 22:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月07日

子鹿さん

cojica_001.png


cojica_002.png


cojica_003.png


先週末、attaの近くに出来た新しいサロンギャラリーcojicaさんのオープニングに行って来ました。
中は壁・床・天井の全て真っ白の心地良い空間で、
スケール的にも「丁度いい」って言葉がピッタリの感じです。(ショーン・レノンに言って欲しい 笑)
色んな展開が出来そうで期待大!!!
さっぽろ東北エリア盛り上げて行きたいですね〜。attaも頑張ろう!

現在は、オーナーのTaigaくん、CHIEちゃんの展覧会が開催中。皆さん是非覗きにいってみてください。

***
salon cojica Birth Exhibition
-Taiga Kawakami/CHIE-
期間:2010.7.3(sat)ー18(sun)
営業時間:平 日 18:00-22:00
     土日祝 14:00-21:00
     (月・火曜定休)
入場無料
http://saloncojica.jugem.jp/
***
posted by ani at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月03日

近所の薔薇


IMG_0004.jpg


最近、家から地下鉄駅までの間に、綺麗な薔薇が沢山咲いています。
マンションの垣根や一軒家のお庭に群生してたり、花壇に一輪だったり。
色も大きさも咲き方も色んな風で面白い。

そう言えば去年は、薔薇の作品を作った。
映画の1秒と薔薇の作品。「One Second Rose」
まぁ、ぼくの場合テーマとしてはそんなにロマンチックなものではなくって、ダジャレなんですが。
http://filmfilmfilm.org/works.html

この作品の構造的な面でのコンセプトは、自分の中でも大きな興味の1つとなったので、
今後もシリーズにして行きたいと思ってます。

今は、そのシリーズの2作品目に取り組んでいるところ。
「One Second Station」
この作品は8月から3ヶ月間JRタワー1階のART BOXにて展示されます。
残り1ヶ月を 切っていよいよ制作も本格化です。(ちょっと押し気味…)

展示情報の詳細等は、これから徐々にお知らせして行きます。






posted by ani at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月29日

週末の3枚


100626_001.jpg


100627_002.jpg


100627_001.jpg


posted by ani at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月26日

伸びる


plant_002.jpg

plant_003.jpg

plant_001.jpg
posted by ani at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月24日

ドイツでの集荷物から


kolen_cookie_001.jpg

kolen_cookie_002.jpg

ケルンで買った大聖堂のクッキー型。結構良くできてる。


1006111_007_3.jpg

1006111_007_5.jpg

スーパーで買った、現地ではとてもポピュラーらしい黒パン。
エバの家で朝ご飯にいただいて美味しかったので、なかざわさんお勧めのBIO(有機食品)のものをいくつか買って来ました。
薄っぺらですが、見た目以上にボリュームがあります。荷物としてはなかなかにずっしり思たかった。パンといっても日本で食べているものとは全然違うものです。
ボロボロしてるし、ちょっと酸っぱい。ただ、ぼくは元々ドイツパンのちょっと酸味のあるのが好きだったので、これも好みです。


1006111_007_4.jpg

1006111_007_6.jpg

太田さんにお土産で頂いたこけもものジャム(これも初めて)とクリームチーズをつけていただきました。


1006111_007_7.jpg

しかしながらパンなのにどうしてこんなに保つんだろ?


IMG_0259.jpg

おまけで。
これがドイツでの集荷物、2/3くらいだけど、アハハ

posted by ani at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月22日

合う


captain.jpg

超久しぶりにCDを買った。
キャプテンフューチャーオリジナルサウンドトラック完全版
暫くは暗室BGMがこれになりそうだ。とても良いです♪


t_omote.jpg

そして、うめちゃんに買って来てもらった横山裕一先生のT- シャツ
ヤバいです!!!


t_ura.jpg

裏にも!
はぁ〜行きたかったなぁ川崎。

で、タイトルの"合う"というのは、今日何気にこれを聴きながら横山先生の漫画を読んでいたら、時たま曲が漫画にはまるタイミングがあって、おぉ〜と思った。
もともと横山作品は、擬音表現やビジュアルに引っぱられて頭の中で勝手にSEが入って読んでいたけれど、TVアニメのサントラがはまるのもある意味ならではなのかも。それともはまってしまう大野雄二の曲が凄いのかなぁ。

音楽も漫画も全然詳しくないけれど、たまにこういう発見ができると嬉しいし、面白い。




posted by ani at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月21日

生える


me_001.jpg

posted by ani at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月20日

5363とハーフ

IMG_1024.jpg

よしよし、やっと来た35mmのハイコン。
新作はこれで作ってみる。


IMG_1029.jpg

ちょっと前だけど久しぶりにアナログのカメラを買った。フジカハーフ
本当は、一眼レフのオリンパスPEN-FかコニカのオートレックスPを探していたのだけれど、この2つは良い品に巡り会うのが難しそうだ。
一眼ではないけれどフジカハーフもなかなか優秀なカメラ。
露出もシャッタースピードもオートとマニュアルが可能で、バルブもできる!
フジカなだけに使い心地が、シングル8のカメラに似ている。特にファインダーを覗いた感じは、Z2とかその辺りかなぁ。ただ、目測でのピン合わせがあまりにも久しぶり過ぎて、少しリハビリが必要。
35mmのモノクロ現像も久しぶり。ちょっとドキドキ。
あぁ、もちろん作るのは映画です。



posted by ani at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月17日

Oberhausen 04 May

すっかり報告が遅れてしまいました、、
オーバーハウゼン最終日です。
もう帰ってきて一ヶ月以上も過ぎたんだなぁ、、

100504_ober_5.jpg

5/4(日)映画祭最終日。朝はまず、キンダープログラムを鑑賞。
毎日10:30から子供(小中学生くらい)向けの上映が組まれています。
午前中は開場前に小さな子供達がワイワイはしゃいでいてカワイイ。
キンダーと言えど上映しているのは単に子供番組みたいなのだけではなく、
ぼくらが見たのは結構つっこんだヒューマンドラマ。なかなか面白かった。


100504_ober_20.jpg

100504_ober_21.jpg

100504_ober_14.jpg

100504_ober_15.jpg

100504_ober_18.jpg

オーバーハウゼンの街を見るのも最後ということで、まだ試していなかった
魚料理にトライしてみます。
屋台でもお惣菜でも、ソーセージ屋さんにならんで、魚のおかずがかなり見受けられたのでとても気になっていたのです。なかざわさんお勧めのニシンの酢漬けの様なものを食べました。これがまた本当に美味しい!今回のドイツの旅で一番のお気に入りです。他にも店に並ぶ美味しそうな魚を物色しつつ、何より魚好きのぼくとしては、ここなら住めるなぁ…なんて思ってしまったり(笑)


100504_ober_40.jpg

その後は、日本出品作家金(キム)さんの作品が含まれるインターナショナルコンペ最後の上映へ。金さんは、現在京都造形芸大の大学院で伊藤高志さんの研究室に在席する韓国人留学生。
ぼくは、昨年のIFFで作品はご一緒したものの直接お話しするのはこのオーバーハウゼンが初めて。それと佐竹は最も影響を受けた映像作家が伊藤高志さんということで、また何かしらご縁を感じる出会いでと交流ができました。
金さんの作品は、8mmフィルムで撮影した映像をデジタルに変換して編集するという制作プロセス。金さんはオリジナルのフィルムにハサミを入れたことが無いと言う。フィルムは切ってしまうと元に戻らないから絶対に切れないとのこと。ある面で、フィルムを物質的な映像メディアとして捉えている作家の視点が伺えた。
そしてぼくとは全く正反対の考え方です。ぼくは切れてしまうことにフィルムの面白さを見出しているタイプなので、極端に言うと自分の作品で切ったことの無いフィルムなんて無いんです。物理的に切ったり貼ったり重ねたりねじったりして生まれるイメージみたいな所に興味がある。
ここ最近、映像分野の方々とお話をしていて思うのは、果たして自分は映像作家なのかなぁ…?ということ。スクリーン映し出されるイメージよりもやっぱり物としてのフィルム自体が面白いし興味がある。それは映画のフィルムに限らずで、写真のフィルムもあとはインスタント写真とか。映像の物質性とか素材感を作品で何とか可視化して行きたいのだけれど、最近はそのことについてよくよく色々考えるのです。むーん。


100504_ober_44.jpg

金さんの上映&トーク後、最近親しくなった「きむくん」と駅で待ち合わせ。
きむくんは元ホグロフス(池内店)の店員で、この4月からマインツの近くの街のワイナリーで修行の為に渡独してきた。ドイツに来て丁度3週間でホームシックにかかっていたらしい。お土産のカップラーメン、煎餅、羊羹を本当に喜んでいた。ガンバって!


100504_ober_48.jpg

19:00からの閉会式・授賞式まで時間があるので、まちぐちさん、金さんと一緒に会場近くのレストランでディナー。ようやく念願のシュパーゲルを食べました。まちぐちさんはドイツ在住のオーガナイザー。今はマインツで上映企画などに携わっていらっしゃる。滞在中は色々と良いお話も聞けて、大変お世話になりました。ディナーもご馳走になってしまいました。恐縮です。シュパーゲル大きいし味もしっかりしていて、北海道の甘いアスパラとはまた違う味わい。食べごたえがあります。更に付け合わせのハムもどっさりで美味しかった。ごちそうさまでした!


100504_ober_56.jpg

100504_ober_58.jpg

いよいよ最後のイベント閉会式・授賞式。
司会者はユーモアたっぷりで、常に会場をを湧かせています。
全部ドイツ語なので分からないけど雰囲気は楽しい。
まずは、全スタッフをステージへ集めて映画祭での働きを讃える。
会場からも大きな拍手でとてもあたたかい雰囲気。
スタッフの人達には、毎日色んな場面で助けられた。
本当に皆親切で、困っていることやこちらの要望に100%以上の対応をしてくれます。映画祭に限らずこんなイベントは初めてと言っても大袈裟でない程。
そう言った面での、映画祭としてのスタッフワークや仕組みについてもとても勉強になりました。
写真真ん中あたりの素敵な笑顔の子が今回ホームステイや会場でも沢山お世話になったエバ(実物は超カワイイ!)。本当にありがとう!!!


100504_ober_68.jpg

表彰は先ず、キンダープログラムから。審査員は子供達。
可愛らしい審査員が順に賞を発表して行きます。


100504_ober_91_new.jpg

そして、インターナショナルコンペティションの賞の発表へ。
大山慶さんの「Hand Soap」が国際短編映画祭賞を受賞した。
この賞は、インターナショナルコンペの選考委員が最も優れた作品を讃える特別な賞。日本人作家が受賞したことはとても嬉しいし、やはり獲ったか大山さんと納得。本当におめでとうございます!!!


100504_ober_129.jpg

100504_ober_131.jpg

閉幕後は、いつものフェスティバルカフェで、最後のパーティー。
当たり前だけど一番の人の入りで話も盛り上がりました。最初日本人作家で集まっていたけど、徐々に色んな国の作家やスタッフも集まって、ぼくはノートパソコンも持って行ってたのでプレビューしたりと色々と交流も出来た。
とても楽しく、とても名残惜しい夜でした。

100504_ober_134.jpg

100504_ober_135.jpg

100504_ober_136.jpg

100504_ober_156.jpg


今回、このオーバーハウゼン国際短編映画祭では、とても良い経験が出来たし、面白い作品にも出会えた。それと今までの自分の作家活動を振り返る良い機会ににもなったし、作品を通して自然と生まれていた人や作品との繋がりも感じることができた。そう言った環境を他国の人が何のストレスもなく楽しむことができるオーバーハウゼンの映画祭としての質の高さにも本当に感動した。
他にも色んな映画祭に行ってみたいけれど、ここには是非出品作家としてまた戻って来たいと思った。頑張ろう!


100504_ober_232.jpg

ということで初ドイツ、アートも映画も人も街も色々と文句無しに良い旅なのでした!!!






posted by ani at 02:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月12日

今晩はタコ

1006111_001.jpg

ようやく暑くなってきた。
出番ですよ。今年もよろしく!


1006111_003.jpg

みんな作業が立込んできたので、最近は、attaごはんが続いてます。
今日は久しぶりにタコ焼きー


1006111_006.jpg

1006111_004.jpg

TAKEDAブログのナイス写真はこう撮られる。
http://www.azkepanphan.com/HiroshiTakeda_web/blog.html

1006111_007.jpg

ぼく、タコじゃねーよ 笑


1006111_007_1.jpg

ちなみに今週前半はカレーなのでした。
明日の晩ご飯はなんにすっかな〜







posted by ani at 02:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月10日

station

station.jpg
posted by ani at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記