2012年06月04日

Bonnへ

_DSF1043.jpg

オランダから帰独後の週末は、ケルンの近隣都市Bonnへ行って来た。
ケルンからは、ローカル線で30分、通勤通学も簡単な距離感。でも街並はケルンとは随分と違っていて小綺麗で裕福な感じ。
以前、Evaや弟くん達と話していた時に、それぞれの都市の特徴を教えてくれていたけど、隣通しでもこんなに違うものなんだなぁ〜。

ボンの美術館が面白そうだったので、行って来ました。

_DSF1044.jpg

_DSF1045.jpg

_DSF1047.jpg

_DSF1049.jpg

_DSF1050.jpg

_DSF1054.jpg

企画展は、ドイツの抽象画家Albelt Oehlen。大変好みの絵画でした。
映像作家の視点からは、映像的な処理をしながらも、イメージ、マテリアル、テクスチャーを大画面に物理的に定着出来る絵画の仕事には、
ジェラシーを感じるのであります。
写真ではなかなか伝わり難いが、素材感を上手く使った空間構築が冴えていた。あとタブローの薄さも気持ちイイ。


_DSF1055.jpg

_DSF1063.jpg

他には、写真の企画展Lewis Baltz、内容も良かったが展示がシンプルで綺麗過ぎて、気になる。


_DSF1057.jpg

_DSF1058.jpg

_DSF1059.jpg

_DSF1057.jpg

_DSF1061.jpg

美術館自体はそれほど展示室が多い訳ではないけれど、大きなスペースを広々つかって、オープンなワークショプもやっていた。
マックス・エルンストの作品や剝製と自然物、人工物いろんな素材を並べたフロッタージュの体験制作。
間近に本物と見比べながらというのが良いですね〜。


_DSF1065.jpg

_DSF1067.jpg

ボン美術館、綺麗なところでした。お隣は絵画美術館、近くには歴史博物館と見所は他にもありそう。
それぞれ、面白そうな企画の時にまた来よう。
後から気付いけど、ケルンからはMetoroでも来れちゃうみたい。近い近い。

posted by ani at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月02日

続・ロッテルダム

ロッテルダムも、ミュージアムが沢山あるのだけれど、それ程注目できる企画展も無かったので、街をゆっくりと見て回ることに。
とにかく、足をつかって歩く歩くなのです。

_DSF0951.jpg

_DSF0955.jpg

_DSF0962.jpg

_DSF0963.jpg

_DSF0966.jpg

_DSF0968.jpg

_DSF0972.jpg

ホテルのあった港地域から、まずはキュービックハウスを目指します。
新しい建築中もビルも沢山ある。何故だか、新しい建物は、たがい違いや左右非対称の様な設計の物が多い。
水平垂直に加えて、景色の中に斜めのラインが多く目に入って来ます。
ぼくにはそれが、レンガ創りの古い建物や街中に入り組んだ水辺等と良いバランスで調和している様に思えました。

_DSF0973.jpg

_DSF0974.jpg

_DSF0979.jpg

_DSF0981.jpg

_DSF0982.jpg

_DSF0984.jpg

_DSF0985.jpg

お、あれはもしや!?

_DSF0989.jpg

やっぱりそうだ、ジャッキーが滑り降りた斜めガラスのビル! 映画のシーンを思い出し、、、すげー、、、

_DSF0990.jpg

そこから、向こうにキュービックハウスの頭が少し見えた。

_DSF0993.jpg

_DSF0994.jpg

_DSF0998.jpg

キュービックハウス。実物を見ると、何でこんなもの作ったの?と思いつつも面白い。普通に人が住んでいるし、馴染んじゃってる所に文化の違いを感じる。

_DSF1003.jpg

_DSF1007.jpg

けんさんの個展を見に行く前に、腹ごしらえ。トルコ系パン屋さんのサンドイッチ。少し油強めだけど胡麻の風味が久しぶりで美味しい。

_DSF1009.jpg

ギャラリー着。オーナーのミリアムさんが、次の企画(?)の為の撮影を中断してとても丁寧にお相手してくださる。
とりあえず、一言目が真紀のカーディガンの色をとっても褒めてくれる。そう言えば何気にマッチしている。

_DSF1013.jpg

_DSF1014.jpg

けんさんの展示は、気持ちの良い空間とプロジェクトの経緯(作品展開とモチーフの時間経過)を実感できる興味深い展示だった。
ロッテルダムの街の中を歩いて見て回った後だったので、札幌でコンセプトと作品だけを見た時よりも、作品に近づくことが出来た様な気がしたし、ロッテルダムの街の環境にとてもフィットしているように感じました。現地で見ることができて本当に良かった。

_DSF1023.jpg

ギャラリーのすぐそばの公共彫刻。人と環境に馴染む質の高さ、素敵だ。

_DSF1025.jpg

_DSF1028.jpg

_DSF1031.jpg

_DSF1032.jpg

_DSF1035.jpg

その後も、18時過ぎの鉄道まで、ひたすら歩く歩く。
ロッテルダムの街は、都会的でモダンな所と古く趣深いところが、ナチュラルにミックスされていて、センスの良さを感じた。
日本人的(ぼく的)なものの見方でカッコいいなぁ〜という景観が随所にあった。
ここで開催される世界有数の国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、次はここでの上映で訪れることを目指したい。


posted by ani at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アムス、ロッテルダム

5/31-6/1と、アムステルダムのEYE、ロッテルダムのケンさん個展を見に行った来た。

オランダは初めてだけれど、ケルンからはアムスまで鉄道で2時間半と結構気軽に行けちゃう距離感。
因にドイツ国内の主要都市ベルリン、ハンブルグ、ミュンヘンへ行くには4、5時間もかかってしまう。


_DSF0733.jpg

_DSF0735.jpg

_DSF0748.jpg

またまた、朝早くの出発で着いた時には、出勤ラッシュ? 観光客もいっぱいで人種ごった煮状態。
EYEのオープン時間まで、駅周辺をブラブラ。


_DSF0753.jpg

EYEは中央駅の対岸にあって、数分おきに出る無料の渡し船で渡ります。




渡し船というよりかは、海上を移動する歩道という感じで信号感覚。
こういうのがあると、コマ撮りせずにはいられない性分。


_DSF0848.jpg

_DSF0849.jpg

_DSF0863.jpg

_DSF0864.jpg

_DSF0862.jpg

_DSF0861.jpg

EYE着!
ネットでは見ていたけれど、なかなかに存在感のある特徴的な建築。企画展オープンまでカフェで朝食。
色々とドイツよりも細やかに凝っている。徐々にオランダのデザイン、気遣いにも目が行き始める。


_DSF0871.jpg

_DSF0872.jpg

_DSF1081.JPG

企画展「Found Footage : cinema exposed」、基本的にはインスタレーション作品を展示。
映画形体との比較としても良い企画展でした。
出品作家は、テーマである『ファウンドフッテージ』界での有名作家ばかり。無論、故Bruce Connerの作品も。
Bruce Connerの作品は、2008年作の3面マルチ。デジタルに変換されたことによって、シンクロ率と白黒のバチバチ感が向上している。
目がもう1つ欲しくなるくらいの情報量と激しいモンタージュに、こっちの鼓動もバクバクで、興奮した。
以前、生西さんから聞いた話で、ぼくの尊敬する日本の実験映画の重鎮奥山順市さん「フィルムであればメディアは問わない」という言葉を少し思い出す。ブルース・コナーは、モンタージュであればメディアは問わないなんだな。きっと。

『映画によって映画する』作品を集めただけに、映像インスタレーション対して受ける違和感というのは全く無い。
手法、見せ方については色々と考えることがあって非常に参考になる。
ダグラス・ゴードン、マティアス・ミュラー&クリストフ・ジラルデの、再構築的表現によって、言語フリーにナラティブ、ノンナラティブを超越しているのは流石。
図録も面白い。まだパラパラめくっただけだけど、テーマ、著名なファウンドフッテージ作家・作品のリサーチ、現代動向と充実していて良い資料。日本ではあまり紹介されていないけれど(多分)、ジョセフ・コーネルからの流れで、現代までの再構築映画展みたいなのが出来たら面白いよなぁ〜。映像カオスな今だからこそ、ファウンドフッテージは注目の表現なのだと思います。


_DSF0883.jpg

_DSF0890.jpg

_DSF0898.jpg

_DSF0900.jpg

_DSF0904.jpg

EYEの常設展示、EYE Panoramaなかなかに凄かった。
まず、部屋が超カッコイイ!
四方に投影された大量の映像に囲まれながら、テーマ別に映像資料を鑑賞出来るシステム。
端末の前に立ってレバーを引く、これがまたアナログチックで良い、その端末のテーマの映像がタッチパネル式モニタにサムネイル表示されて、好きな映像に触れるとそれが目の前に大きな画面となって上映されます。
その一連の切り換えが全て動的に展開していくのがまた気持ちイイ!かなりイケてるシステムでした。
その他可愛らしいインタラクティブ展示がチラホラと。

EYE、スマートでとんがった映像美術館でした!
ケルンからなら、面白い企画展があればまた来れそう。良かった良かった。

EYEをゆっくりと鑑賞した後は、アムスをあとにロッテルダムへ、一泊します。


_DSF0925.jpg

_DSF0907.jpg

_DSF0912.jpg

_DSF0917.jpg

_DSF0919.jpg

_DSF0921.jpg

ロッテルダムでは、夜に美味しいものを食べたいと思って、事前にけんさんに相談。
教えてもらった、ホテルニューヨークのレストランへ。
かしこまった感じではなく、雰囲気もとっても良くって、メニューも豊富。アラカルトで気軽に頼めるので安心。
ぼくは、産物らしい小エビ(けんさんおススメ)と魚のメイン、真紀はイカフライが食べたいと頼むも量がとんでもないことに!(笑)味は以外にもさっぱりしていて美味しかった。あとパスタ食べてました。
ケルンでも殆ど外食はしていないけれど、旅先での食事は濃い味系で飽きていたので、久しぶりに良い味の魚介類が食べられて2人とも大大満足!!! けんさんダンケです!

実は、この日EYEを見たあとは、例のごとく鉄道が遅れたり、ホテルは予約したのとホテル名が変わっていて雨の中グルグル探し歩いたりと、散々だったけど、食事でバッチリ帳消しできましたー。


_DSF0934.jpg

_DSF0937.jpg

_DSF0938.jpg

_DSF0940.jpg

_DSF0950.jpg

ロッテルダムのベイエリアを散策しながら宿へ。
今回の宿はアタリで、部屋も設備も景色も上々で、リーズナブル。良かった良かった。

posted by ani at 05:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月30日

滞在1ヶ月

ドイツ生活も1ヶ月が経過しました。
今まで、海外に滞在したのは最長でも10日程なので、既に未知の体験ゾーン。
しかし、滞在先のここケルンは、外国人のぼくらにとっても非常に過ごしやすく、あまり不自由なく生活出来ています。
慣れたと言うか、もう馴染んだという感じ。勿論周りの方々には相変わらずお世話になりまくっていて、そのおかげが大きい。
ありがたい限りです。

進展としては、ビザの申請書類が無地提出できたこと。これは大きな一歩です。
しかしながら、その後6週間、ベルリンから正式なビザが発行されるのを待たなければいけない…。
観光ビザ期限のギリギリです。まぁ、ビザが遅れた場合は、また役所に連絡にいけば大丈夫とのことみたいいですが。

一向に進まないのは、銀行口座、送金、振込の手数のことを考えてネットバンクに口座を作ろうとしているのですが、
これが一向に進まない。。既に必要書類を郵送、メール添付で計3回送ったことになる。
そんで、何も音沙汰ないので、「何でも質問してください」とメールの連絡にある通り、手続きの進捗をメール(英文)で投げかけてみるも、帰って来たのは、要求がある場合には独文ののみで受け付けますとの信じられない様な『英文』のメール。
はっ!?それをご丁寧に英語で返して来るなら、いつ手続き完了するくらい一言返して済ませろよ〜!と憤慨。
事前情報でその程度のことは、想定の範囲と思ってはいたものの、実際目の当たりすると納得いかんものです。
またまた、クミさんにお手伝いしていただいて、独文でメールを返す。これでできなければこの銀行はもうアウトだな。
でも、この程度で済んでいるならまだ序の口とのことです…。

毎週末の楽しみといえば、フリーマーケット。
とにかく、物持ちの良いお国柄、ありとあらゆる物が売られているので、求めているものに遭遇する率もやっぱり高い。
まだ数回しか行っていないのに、実験素材になりそうなものが良い感じで見つかって行きます。
写真、ファウンドオブジェクト系、ドイツ滞在経験のあるアーティストの傾向の由縁もなんとな〜く垣間見える。

_DSF0648.jpg

_DSF0653.jpg

_DSF0654.jpg

_DSF0656.jpg

_DSF0659.jpg

_DSF0669.jpg

_DSF0671.jpg

_DSF0675.jpg

_DSF0681.jpg

_DSF0682.jpg


ぼくの釣果はこんなところ。

_DSF0663.jpg

日本ではお目にかからないAGFAのカメラ。専用のカートリッジ式フィルム。フィルム自体は恐らく35mmだけど露広範囲が28×28mmになっている。


_DSF0728.jpg

全作からのテーマにしているファウンドポストカードは、ビーチ、プールを中心に。


_DSF0730.jpg

_DSF0732.jpg

ファウンドフォトは、ムービーの様な連続写真。


_DSF0699.jpg

_DSF0697.jpg

マジックランタンのスライドガラス。これは良い資料になります。


生活基盤は充分整って、6月に入ってからは、色々と動き出しそう。
まずは、6/13にMatthiasのクラスでプレゼンテーションがある。ここでは、『再構築』というテーマで自作も含めた日本の実験映画、アニメーション作品を紹介します。作品提供にご快諾くださった作家の皆様に感謝です!良いプレゼンにする為にも準備しっかり!
その前の週末と6月後半の週末には、自家現像のワークショップに参加。白黒、カラーで撮影、カメラレスのプロセスを計4回。ドイツ流はどんなかんじだろうか、面白そうだ。
あとは、KHMOBのアーティストPhillipくんとPeterからのお茶&スクリーニング@アトリエのお誘いもあった。これは来週かなぁ。楽しみ。
日本のお仕事も1つ、映像学会会報の為のエッセイ執筆。北海道での活動とドイツでの研修導入部分と今後の計画について報告予定。字数制限があるのでまとめるのに苦労しそうだ。
6月中は、映画祭の募集がかなり集中しているので、それも忘れずにコツコツ応募作業。秋には各地色々な映画祭を回って来たい。

さて、そして5/31、6/1とオランダへ行ってくる。勿論もアムスのEYEを見に。会期ギリギリになったけど、オープニング企画展Found Footage:cinema exposedこれは見逃せるはずがないのです!!!


_DSF0727.jpg

そうだ、今週は、みっちゃんがパリから遊びにきてくれていました。相変わらず話が面白すぎる。すっかりケルンで寛いで、楽しんでくれた様子。良かった良かった。お客さんなのに、毎日美味しい食事ありがとう!

posted by ani at 12:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月21日

+new talents 2012

先週の後半は、ケルン市内で開催されていた+new talents 2012 biennale cologneという企画展を見て回った。

開催趣旨は、ケルン、ボン、デュッセルドルフ近隣地域3つのメディアアート系大学の卒業生(ビエンナーレなので2010年以降ということになる)による優秀作選抜展といったところです。大学の卒業、修了と言っても参加アーティストをみると、多くは70年代半ばから80年代前半生まれのほぼぼくと同世代。80年代後半生まれもチラホラとおりました。日本の大学システムとは少し違うので、今回参加している作家の大体が助成金や奨学金を得て長く教育機関に属しつつ作家活動を続けているということなのだと思います。
ジャンルは、展示(ファイン系メディアアート)、映画、音楽、デザインと大まかに分けられ、
その他パフォーマンス、ワークショップ、パネルディスカッション等もプログラムされていました。
約1週間の短い会期で、オープンニング時に多くのイベントや短編映画のプログラムがセッティンされていた模様。
それについては、ハンブルグ、オイティンに行っていたので見られなかった。

ぼくは、木金土を利用して見に行く。家からは自転車で15分程、街に出るついでみたいな感覚で行ける所です。
どれを見に行こうかとwebsiteを見ていて、運営方法で日本と大きく違うなぁと印象に残ったのは、開催の時間帯。展示系は基本15時〜20時、映画のプログラムや音楽のライブイベントは夜19時以降、かなり22時からの回もあり、結構遅くまでセッティングされている。映画祭の時間設定も似た感じですね。これだと学生以外に一般の人も充分見に行けるということでしょうか。まぁ、夜が9時過ぎまで明るいのでそう言う時間の流れってこともありますが。日本人的感覚だと、お昼前に見に行って、午後はまた別なことをするという休日の使い方が出来ないのはちょっと勿体ない気もする。それとも、ドイツは午前中にやることやって午後は遊ぶというスタイルなのかな?


_DSF0595.JPG

会場は、ケルンの中心街Neumarkt(ノイマルクト)を中心に美術館、ギャラリー、協会、映画館等、とボン(ケルンの隣)にも別会場があった様です。インスタレーション作品については、街並に唐突に若しくは溶込んであったりもします。(以下のフォトレポで紹介)メインのNeumarkt周辺の会場をぐるりと徒歩で巡っても30分程度で回れちゃう距離感ですが、映像作品やビデオアートもあったりするので実際には結構時間がかかります。ぼくは、映画のプログラムを1本と展示会場を見て来ました。


_DSF0499.jpg

_DSF0494.jpg

映画のプログラムは短編作品4本。ドラマ2本、ドキュメンタリー、アニメーションが各1本。
木曜日の夜7時からの上映だが、学生と思われる若者に限らずかなりの動員。50人位は入っていたと思う。優秀作とは言え学生作品上映で、1回の上映にこの人数、札幌では相当難しい。。因にケルンの人口は約100万、札幌のおよそ半分強です。。映画は勿論有料、一般6€/学生4€。
司会付きで1作毎丁寧に紹介されます。映画をきっちり見ようと思って、真ん中の良い席に座るも、この後混んで身動きがとれず。記録的にはお粗末な写真です。。
作品を見て驚いたのは、ドイツの学生なのに実写3作は全て海外ロケ、ギリシャ、アゼルバイジャン、トルコ。不思議でした。あとはプロダクションがしっかりしていることに感心。映画学校の環境作りやシステムにも興味があります。作品自体の内容は、どの作品もそこそこで悪くはないといったところでした。

展示についてはフォトレポで。

_DSF0510.jpg

_DSF0511.jpg

_DSF0513.jpg

_DSF0517.jpg

_DSF0518.jpg

美術館のホールが会場の一部に。ビデオアート作品と写真作品。
写真は、仮設のミニホワイトキューブに展示。作品写真集はミュージアムショップでも売られています。結構イイお値段。


_DSF0530.jpg

_DSF0532.jpg

_DSF0534.jpg

映像インスタレーション作品中心の会場。遮光しっかされています。作品は以外とアプローチが古いなぁと。悪くはない。


_DSF0544.jpg

_DSF0538.jpg

_DSF0539.jpg

ギャラリーでの展示。ミニマル、リサーチ、サンプリング。他に彫刻作品、絵画もありました。
展示会場には、必ず専属スタッフが在中し、お願いすると作品解説を丁寧にしてくれます。若しくは説明しますかと近づいて来てくれる。
またガイドツアーが定期的に回っています。みなさん結構ガイドツアーを利用されている。


_DSF0552.jpg

協会の扉へのインスタレーション。ここでもスタッフが丁寧に解説。お願いすれば英語でしくれます。
しかしスタッフの人(多分学生)の空気の読み方が上手い。これはお国柄でしょうか?
このお兄ちゃんも、さりげなく近づいて来て、英語が良い?ドイツ語が良い?と聞いてくれた上で、丁寧に説明。素晴らしい。
スタッフの目印はきれいなブルーのストール。ロゴやポスター、リーフレットのメインカラーも同じ色。
オーバーハウゼンでもそうだったけれど、企画自体のトータルデザインがしっかり出来ていて見る人にとってとても分かりやすい。


_DSF0553.jpg

インフォセンターのある協会の会場。
ここでも、映像も含めたインスタレーション作品が数点あったのですが、ぼくが行った時間帯が丁度礼拝中?で入ることが出来ず。。
あとからパンフで確認すると去年オスナブリュックで見た作品もあった。


_DSF0555.jpg

_DSF0556.jpg

ギャラリーに限らず、民家のガレージの様な所でも展示。


_DSF0548.jpg

_DSF0535.jpg

探すのに苦労する様な作品も。ドイツ語表記のパンフを読めない所為もあるけど。。

上は、小さなキャプションをやっと見つけて気付いた作品。閉まっているビルの中に展示されたインスタレーション。
ガラス向こうに見える、木箱が作品の一部。
下は、ガソリンスタンドの中に青色のLEDで光るラインを施した作品。このライトが無いことを想像するとなるほどぉ、夜暗くなってからのことを想像すると、なるほどねぇ。


_DSF0559.jpg

_DSF0560.jpg

オラファーみたいな作品。

_DSF0561.jpg

_DSF0563.jpg

_DSF0564.jpg

サウンド系ミニマル。台座はスピーカー。

_DSF0565.jpg

中心街からは少し離れた、裏通りのギャラリー。


_DSF0567.jpg

_DSF0568.jpg

その他、意外な所での展示も、
上は、民間企業のオフィスビルのエントランスホールの休憩スペースに彫刻の展示。通りに面したガラス越しからもインパクトがある。
下は、庭園(かなぁ?)の入り口守衛室の中に展示された作品。中には入れない。


_DSF0569.jpg

公園の真ん中にドーンと約5m四方のホワイトキューブ。中ではデザイン系のパネル展示とプレゼンイベントが開催されていた。

全体を通じて、作品は良いものもあったけれど、特別すごいという訳でもなかった。比較のポイントは少しずれるかもしれないが、アカデミックな視点からだとハンブルグのオープニング巡りをした時の作品よりは、断然好印象。
これまた比較して良いものかとも思うが、レベル的には例えば札幌の同世代作家でも充分に対応可能。スキルだけ見れば日本の学生・若手のすぐれている所も見出せる。ただ、アートとしてのポジション、パワー、信憑性はこちらの方が強いと感じた。

企画としては、関係教育機関の成果とこれからの若手作家の為のプレゼンテーションの場ということですが、平日中もかなり人が出入りしていたところを見ると、(出入りする様なところでやっていたのかもしれない)地域的なアートシーンにもしっかりと注目されているのかと思う。約一週間のショート企画にも関わらず、web、リーフレット、カタログ等広報媒体がが充実している点にも注目出来る。

なかなか参考になった。


_DSF0572.jpg

土日は、一気に気温も上がって、自転車の移動も気持ち良い。近所の公園ではワイワイと人が集まって薄着で太陽を満喫。
このまま暖かくなってくれると良いのだけれどな。


_DSF0573.jpg

ケンタも元気に半袖。

posted by ani at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月15日

Hamburg/Eutin

5/11-14にかけて、武田くんの個展が開催されるハンブルグとEvaのハズバンド・ヨハネスの実家Eutinへと行って来た。

IMG_0526.jpgIMG_0545.jpg

Cologne-Hamburgは、鉄道で約4時間、結構遠い。Evaに色々教えてもらい、1年間有効のBahnCardという鉄道割引証を購入した上で、
格安チケットを購入、通常100€くらいのところ、朝の始発が25€、とても安い!
ということで、未だ薄暗い4:30に家を出て無事予定の便に乗ったものの、カメラが無いのに気付く…、
家に忘れて来たぁ!充電器は持ってるのに…あぁ〜あ、とテンションガタ落ちで朝焼けを見ながらの出発。
この旅の記録は、オンリーiPhoneになるのです。。

ハンブルグに到着して、ブラブラしてお昼を食べてから、武田くんの個展会場へ。
ギャラリー空間が、想像以上に癖があって難しそうなところを何とかやってました。モノが良いので充分保ってたけどね。
照明の調整、壁の穴埋め等、ほんの少々お手伝い。
その後、夜はオープニング、大盛況で良かった。ケンさんとの久しぶりの再会も嬉しかった。
近隣のギャラリーでもこの日はオープニング祭りということで、一通り見に行くも、うーむ・・・て感じ。
武田くんの個展会期は2ヶ月間、良い成果が出ることを祈る。€が下がりまくっているのがちょいと不安だね。


IMG_0607.jpgIMG_0609.jpg

5/12
この週末は、ハンブルグの代表的なイベント港祭りだったそうで、観光客で大賑わい。お祭り会場は歩くのも大変。
仮設観覧車は、よく見ると乗る所がただの籠?しかもクルクル回っている!? アグレッシブだぁ。


IMG_0625.jpgIMG_0626.jpg

IMG_0635.jpgIMG_0640.jpg

その後、お祭り会場からは、すぐ近くのワールドミニチュアミュージアムへ。期待以上にすごく良い。
大人の遊び心がふんだんに盛り込まれた、全世代対応のミニミニテーマパーク。クリエイティブ系観光には欠かせない所だと思う。
クリエイティビティが持つ、地域や社会に対する力というか役割というか、正しい在り方の1つを見た感じ。
モノと場の作り方、見せ方、働き方、考えさせられるなぁ〜。


IMG_0662.jpg

IMG_0664.jpg

5/13
ハンブルグを発つ前に、あきさんお勧めのArtonaへ。きれいな街並でした。高台の公園からは港が一望。ちょっと横浜チック。

IMG_0667.jpgIMG_0669.jpg

IMG_0671.jpgIMG_0672.jpg

続いて、ハンブルグクンストハレへ。
絵画祭り。やはりHockneyは本物を見るに限る。絵画的物質感を確と感じ取る。
おぉ!この作品は、高校の時くらいにわけもわからず画集を見て惚れてたやつだ!
Hockneyの『A Bigger Picture』展は、10月からケルンに来ます。楽しみすぎる。噂のiPad作品も見てみたい。
因にHockneyのwebsiteすっごく充実してるの知ってました?一見の価値有りです。
ちょっと、話がそれました。。特別展ではNeoを初めて大量に見る。良かった。大きさが良いですね〜。好きな絵画です。
ルイーズ・ブルジョアの企画展、とミニマルアートの企画展。ドイツでミニマル見るとしっくり来ますね。


IMG_0677.jpgIMG_0688.jpg

IMG_0682.jpgIMG_0685.jpg

IMG_0678.jpgIMG_0680.jpg

そして、ハンブルグから更に北、デンマーク国境近くのオイティンへ。
ヨハネス(Evaの夫)の実家、お父さんは元生物学者で、野趣溢れる広い庭に様々な植物と動物に囲まれた生活を送っておられます。
Evaがおやつに出してくれた、ノルウェーのヤギチーズ。これは美味しかった!ハマりました!
ほんのりとキャラメルの様な甘い風味のある、でもヤギのクセもしっかりのチーズです。
シンプルにそれだけパンにのせても美味しかったけど、Evaの真似をして、ブルーベリージャンも一緒に合わせると、これまた絶品で今まで食べたことの無い味の組み合わせ。これはケルンでも探して買いたいなぁ。このチーズ削りも便利。

IMG_0690.jpgIMG_0692.jpg

IMG_0696.jpgIMG_0700.jpg

小さな湖がいくつもある、カントリーなロケーションで、愛犬ラッセルくんとお散歩したり、夕食はご近所のサー&マダムとも
楽しく過ごしたりと、すっかりリラックスさせていただきました。ありがとう、Evaとヨハネスのパパ!
ヨハネスパパは、翌朝は、また夏になったらおいでと、列車が発つまで見送ってくれました。

IMG_0699.jpg

う〜ん、ラッセルにまた会いたい。

posted by ani at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月09日

アウェイ視察と続・誕生日

毎週水曜日は、マティアスの実験映画のクラスがあるのでそれに参加しています。

とその前に、EvelynさんにKHM内でのWiFiキーの設定を聞いたり、月曜日にビザ取れなかったことを話したり、
ビザを取れなかった理由(FBにて話した通りです)については、Evelynさんも驚いていて、そんなの誰でもネットで見れるでしょ!と、、、でもやっぱり、役所は変な人もいるから運が悪かったということみたい。
iPadで設定していると、Evelynさんドイツのコメディでこんな面白いのあるよとYouTubeで見せてくれる。
It' German style!と、大ウケしていた。なるほど〜、分かる気はする(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=TtXWWRyJLPw

その後は、ホログラフィのラボの横にある、暗室を使わせてもらう為、Martina(ホログラフィの専門家)さんにアポをとっていたのでそこへ。
彼女もとても親切で優しい。自分の作業の前に色々と暗室のことを説明してくれます。
基本的には、予約制で暗室の扉に貼ってあるスケジュールの使いたい日時の欄へ自分の名前を書き込むシステム。
見た所、Martinaさんの他には、同じfellowのPeterしか使っていないようだ。彼もアナログフィルム系の実験映画作家。
Martinaさん一通り説明してくれたあと映画フィルムのことはよく分からないから、あとは彼に色々聞いてねということでした。
それと、スタッフにぼく用の暗室の鍵を頼んでくれるとのことでした。ありがとうござます!

いや、しかし暗室のシンク、作業台、全部高いよ。日本で使っていた作業台、大抵は高さ70~75cmくらい。
こちらは、デフォルトで90cmオーバーな上、奥行きも壁が遠い、、、
あと部屋の広さや電気の位置なんかもあたりまえだけど、日本の作りやレイアウトとは全然違う。
ぼくの暗室作業は、スムーズな流れ作業を必要とするので、感覚的に動けることが結構大事。
映像ですが、制作過程では身体的なこともかなり関わりあるのです。
今までに無かった、このアウェイ感も、うーん、悪くない。まずは、慣れて体に覚えさす。
暗室作業のフォトレポは、いずれ作業が本格化してきたらばアップいたします。

その後、マティアスのクラスへ。この日はドキュメンタリー作品のプレゼン。なかなか面白かった。

KHMが終わったあとは、Evaがぼくのお誕生日をお祝いしてくれるとのことで、再びEva家訪問。


_DSF0472.jpg

Evaがイタリアンな料理で、もてなしてくれます。
パパはこれからバンドの練習の為セカセカ。


_DSF0474.jpg

_DSF0477.jpg

魚はタラの様な大きな白身。
紫キャベツとタマネギのソース、ローズマリーの香りもふんだんで美味しかった!
肉質は日本の鱈よりもみっしり、しっかりとしています。味は淡白でどんな味付けにも合いそう。
魚のオーブン調理は、いずれ時間ができたらやってみよう。


_DSF0476.jpg

そして、ママ、Evaから素敵すぎるプレゼントを、
ぼくが好きだと話していたHockneyの新作水彩風景画の画集と最近作品テーマにもしている古いポストカード、
更に、チョーーー可愛い、シロクマの人形。ドイツにて初ゲットのクマです!
この短期間で、ぼくの好みをこんなにズバリと当てて来るなんて〜。嬉し過ぎます!大事にします!
本当に、本当に、ありがとう!!! 素敵な続・誕生日でした。
Danke schön!!!


_DSF0475.jpg

いや、しかし可愛い。
posted by ani at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月08日

米を炊く

_DSF0458.jpg

さて、新生活も着々と、というところで、お米を炊いてみます。
日本でも炊飯器が壊れてからは、お米は鍋で炊いていたので、特に問題もなくこちらのお米もきれいに炊けます。
日本米は結構高いのではと思うのですが、まだアジア食材屋さんには行っていないので不明。
でも、こちらのスーパーには、色んな種類のお米が売られていて色々試せそうで楽しみです。


_DSF0463.jpg

スパイスも日本のスーパーよりも豊富です。値段はまぁそこそこで、日本よりちょい安いくらい。
マーケットで安くゲットしたカレースパイスも合わせて、日本風のカレーで御座います。


_DSF0470.jpg

美味いです。
posted by ani at 05:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月07日

誕生日

_DSF0455.jpg

_DSF0457.jpg


35歳の誕生日、ドイツで迎えました。
真紀が、ぼくの好物ハンバーグでお祝いしてくれます。
改めて良い1年にしようと思います。

カンパイ!

posted by ani at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月06日

日曜のフリーマーケット

日曜日はフリーマーケットが立つとのことで、ディアの案内で向う。
小雨の降る中、昨日ゲットした愛車で20分くらいのサイクリング。気持ちがいい。


_DSF0435.jpg

レンガ作りの趣ある建物に囲まれた中庭スペースの様な所。
日本のフリマとはまた違った様子です。足りない日用品を求めて物色、物色。


_DSF0437.jpg

_DSF0438.jpg

_DSF0439.jpg

おばちゃま方の美味しそうなお惣菜、ケーキ等も売られています。
日本と似た感じの焼き鳥も。しかし、パンに挟んで食べていました。ホットドック感覚。
来ている人は皆、こういうもので朝食、昼食をすませている様で、ガンガン売れています。
ぼくらはケーキをチョイス。手作り感で安心する味です。


_DSF0441.jpg

売られているものは、日用雑貨が殆ど、子供服も結構多いです。あとは靴も多かったなぁ。


_DSF0442.jpg

こういう感じは、日本のフリマでも見られる光景ですね(笑)

この日は、良い感じのエスプレッソ用カップアンドソーサーと真紀用の古着のちょっきをゲットしました。


_DSF0443.jpg

ぼく等のフラットも随分と整って、真紀のデスクはこんな感じ。
ご近所さんに本当に助けられております。


_DSF0448.jpg

夕食は、エビと野菜のクリームパスタ。

posted by ani at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月05日

Got my bike!

移動手段がトラムばかりだと、交通費もバカにならない。
やはり自転車の文化の栄える国に来たならば、愛車をゲットしなければ!
ということで、ディタとケンタと一緒に中古自転車市へGo!


IMG_0718.jpg

IMG_0500.jpg

IMG_0501.jpg

整備済みの中古自転車がズラリ並んでいます。
ピカピカではないけれど、日本とは違った趣の味のあるバイク達が良い感じです。
ワクワクしながら物色。


_DSF0421.jpg

あまり高いものを買っても日本へ持ち帰れないので、スポーツ系はやめて、
ファンキーなこいつに決めました!
ブルーのフレームに白のパーツが良い感じです。乗り心地もまずまずの、値切って60€!


_DSF0422.jpg

真紀はこちら。同じく60€
ペダルブレーキも慣れてしまえば、問題なし。こちらではペダルブレーキ車がこんなタイプのバイクでも普通だそうです。
かなり、似合っている。


_DSF0426.jpg

この日からは、食事も作り始めます。
基本的に食材は、近所のスーパで何でも揃うので、好きなもの作れて食べ物についてはストレスフリー。
野菜の味は濃くてワイルドで好みです。


_DSF0432.jpg

ヴァイスヴォルスト入りココナッツカレー



_DSF0433.jpg

マヨなしポテトサラダ
イモ美味い!

posted by ani at 23:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月04日

窓の目隠し

新居は通りに面したアパートの1階なので、結構低い位置にある大きな窓からは、中が丸見え状態。
ということで、目隠し用の乳白半透明フィルムを窓ガラスに張り付ける。


_DSF0413.jpg

_DSF0415.jpg

作業は、お二階さんのディタ(専門家)が工具もフィルムも持参で手伝ってくれる。
と言うか、彼はプロフェッショナルなので、ぼくは記録に徹する(笑)


_DSF0417.jpg

こうだったのが、


_DSF0416.jpg

こうなる。


_DSF0418.jpg

Danke!

posted by ani at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月02日

フラットへ

この日から、自分達のフラットへ移り住む。
いよいよ、本格的に新生活が始まる。
と言いつつも、Eva家始め、色々な方にお世話になっております。


_DSF0398.jpg

_DSF0405.jpg

_DSF0410.jpg

佐竹は、ママから好きな生地を使っていいよと大興奮。素敵な生地が沢山あります。
早速キッチン用のカーテンを制作。


_DSF0492.jpg

こうなる。
良い感じ。


posted by ani at 22:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月01日

5/1夜

_DSF0378.jpg

_DSF0379.jpg

_DSF0380.jpg

オーバーハウゼンから帰って来た夜は、天気も良くて暖かかったので、Eva家のベランダで夕食。
映画祭合宿の後のリラックス。癒されます。


_DSF0383.jpg

パパ、ママはお友達と映画鑑賞とのことでお出かけ。


_DSF0389.jpg

佐竹は、Evaから買い物情報をあれこれと教えてもらっています。


_DSF0395.jpg

パパ、ママ帰宅後は、オーバーハウゼンでどんな作品見せて来たんだと、再びホーム上映会。
これまた、熱心に見てくれるんだなぁ。

posted by ani at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

オーバーハウゼン国際短編映画祭

4/28〜5/1

_DSF0290.jpg

_DSF0291.jpg

_DSF0292.jpg

ドイツ入りしてから丁度1週間目、オーバーハウゼン国際短編映画祭へ。
2年前、佐竹のコンペインで初めて参加。作品の上映のみならず、映画祭のシステムやゲストに向けてのホスピタリティの高さに感銘し、映画の味わい方、上映の在り方、フェスティバルを通じての出会いなど、映像作家として、改めて作品の外の世界、アウトプットした後の周縁との関わりについて考えさせられた映画祭でした。無論、今回の渡独、ケルン滞在の切っ掛けの1つにもなっています。
このドイツ滞在中には、作品制作と共に、出来るだけ多くの映画祭や映像アート系の企画をリサーチに回りたいと思っていて、その初回がオーバーハウゼンとなります。

ケルンからは、鉄道で約1時間弱。オーバーハウゼン自体は非常に小さな田舎町という感じだけれど、ケルンや国際空港のあるデュッセルドルフからのアクセスも良く、映画祭には欧州圏のディストリビューターや映画関係者が数多く集います。年間80程も映画祭が開催されると言われるドイツにおいては、その年の短編映画の国内外の傾向を占う主要な老舗映画祭という位置付けにもなっているようです。そう言えば昨年のオスナブリュック(EMAF)でも見かけた方々がチラホラと居たなぁ。LightConeのクリストフともまたまた再会しました。

会場は、オーバーハウゼン中央駅から徒歩5分で着く映画館とその周辺。メインのスクリーンでは、主にジャーマンコンペとインターナショナルコンペの作品が上映され、その他3つのスクリーンで、特集やマーケット、キンダー、ミュージックビデオ等のプログラムが上映されます。


_DSF0304.jpg

各コンペプログラムの後には、映画館の向えのサロンスペースで作家とプログラムディレクターによるトークディスカッションが催されます。
インターナショナルコンペは英語がメインですが、世界各国から参加する映画監督、映像作家には英語が不得意な場合、専門の通訳がつきます。また独語メインのジャーマンコンペについては、英語への同時通訳がついいたりもします。質疑応答も盛んで、作り手、受け手どちらにとっても平等でオープンな機会となっています。トークは毎回みっちり2時間くらいはやっているので、その間重なっているプログラムは見られないというのがちょっと難点。今回は滞在期間も短いので上映重視にしました。

鑑賞プログラム
4/28:German Competition 1、International Competition 3、Reality Rediscovered(日本の60年代特集)
4/29:Vera Neubauer Film for children、Market Screening Beirut DC、International Competition 5、Linda Christall 1
4/30:Market Screening Electronic Arts Intermix、International Competition 7、Market Screening Video Data Bank、Open Screening
5/1:International Competition 9
12プログラム全90本鑑賞。3泊4日結構詰め込めたと思います。

オーバーハウゼンの特徴としては、映画のジャンルに垣根が無く、コンペプログラムでは、ドキュメンタリーもアニメーションもドラマもエクスペリメンタルもミックスされた状態でプログラミングされています。色々な見方ができると思いますが、例えばぼくの場合、他ジャンルとの比較をしながら実験映画の現状について俯瞰的に見られるという点でも良いのかなと思いました。また、今回はマーケットスクリーニングも意識的に見ましたが、それに関しては基本的には実験系、アート系のディストリビューションによるものが多いという印象です。

見たプログラム(全体の約1/5)を通じて感じたのは、コンペではエクスペリメンタルが少なかった印象。また劇モノも少なかった。ドラマなのかドキュメンタリーなのか、実験なのかドキュメンタリーなのか…等、どちらとも取り難い作品が傾向的に強かった様に思います。映画の表現ジャンルのボーダーレス化については、歓迎だし、興味のあるところ。しかしながら、何ともしっくりこないというか魅かれる作品があまりないのが気になりました。
言語的な面でついて行けていない所為も多少はありますが、、、
(かなり主観的な見方と感想。)
手法(見せ方)的には、マルチスクリーンや多重映像の作品がかなり目につきました。いくつかの理由が考えらますが、別時間別空間の並列的表現がアスペクト16:9、HD化によって1画面でレイアウトしやすくなったことが大きな要因の1つではないかと予測します。
でも、残念ながら新しさを感じるものは無く、何だかスカイプ画面やプレゼンテーションを淡々と見せられているようで辛いなぁというものもありました。複数画面での表現についてはシングルチャンネルのビデオインスタレーションでも既に展開済みであったり、イメージ構成的な要素としてはモーショングラフィックやVJ等でも一般化してしまった見せ方とも言えます。短編とは言え映画作品(劇場での上映という意味での)として成立させることへの意識がそれ程強くないのかなぁとも思いました。今年の傾向?若しくは、日常的にもかなり浸透したインタラクティブなモニタ画面の影響だったりするのでしょうか?映画を見せる場について考えさせられます。
もう1つ気になったのは、長回し。HDもスタンダードになりつつある中、みんながminiDVで作っていたころより画質が向上したことは明らかだし、実写の場合はスチルの様な画作りをする作品も少なくない。その影響もあってかフィックス、ロング、長回しの多用、若しくはそれだけというのが多いなぁと気になりました。これについても、劇場空間での上映作品という点では、う〜ん、どうだろう?と考えてしまった。それがもし、画質が向上したことによる肉眼視的なリアリティの追求みなたいなことだとしたら、映画としては少しネガティブな方向性ではないかと思います。
上記2つの傾向も含め全体的に、何となく物足りなさが残ってしまった理由としては、個人的には、編集における表現意識が随分と希薄な印象を受けたからではないかと考えています。
モンタージュの面白さで見せるといった作品が殆どなかったし、良い意味で期待を裏切られるといったこともありませんでした。これについてはオーバーハウゼンが実験映画に限らずオールジャンルの映画祭だからこそ、より気になった点でもあります。「高細密な画質や画面構築」>「編集による時間的、空間的構築」これが、ナラティブにしろノンナラティブにしろ短編系映画に傾向的なことなのかどうか?は、他の映画祭でも検証してみたいところです。
そんな中、モンタージュという視点で非常に興味深かったのは、マティアス・ミュラーのファウンドフッテージ「Meteor」(2011)と特集上映Reality Rediscoveredでの松本俊夫「つぶれかかった右目の為に」(1968)。この2作に共通するのは、既存する映像素材を取り扱う「編集」に特化した作品であるということ。どちらともその圧倒的な情報量が、上記の傾向が見られた作品群の中、非常に新鮮でした。マティアスの「Meteor」は、様々な映画から抽出したカットをナラティブに再構成した作品。宇宙、流星、少年をアイコン、誰もが経験したことのある幼少期の妄想を想起させられる様な展開は、実験の枠を超えて普遍的な”ある映画”として転換されている。ちょっとズルいなぁとも思わされた。規則的なタイミングでのモンタージュとナレーションのリズム感によって自然と少年時代の回想へと誘われる感覚の映画。技術的には、60年代SF映画の材質感を統一し35mmにフィックスされていた点にも注目したい。
「つぶれかかった右目の為に」は言わずもがな制作当時は最先端であったマルチ映写による作品。ぼくは今回初めてこの作品を見たのだけれど、インスタレーションやライブパフォーマンスを意識した作品と認識していたので、劇場での上映形式ではどう感じるのかにも興味があった。実際には大量の映像を浴びる様な視覚体験としてとても面白かった。もう少しスクリーンに近づいて見れば良かったと後悔。
左右並んだ映像の上からさらにその2つをジョイントするかの様にもう1つの映像が重なる構造。当時のニュース映像(と思われる)フッテージを中心にグラフィカルな素材も交えて目紛しくモンタージュを繰り返す。表現メディアは違うけれど、同時期のラウシェンバーグのシルクスクリーン作品との共通性を感じて、その点でも興味深かった。
ということで、コラージュ系の作家としてはザ・モンタージュなこの2点を見られただけでも充分満足なのでした。

その他、フォトレポで紹介。

_DSF0296.jpg

_DSF0297.jpg

_DSF0298.jpg

フェスティバルカフェは、2年前の場所とは変わっていて、芝生もある公園のようなところ。
プログラムの合間や夜に食べたり、飲んだり、話したり、無料のWiFiも完備でとても便利です。
メイン会場からは、徒歩で7,8分くらい。


_DSF0302.jpg

劇場、カフェ、事務局等、各会場をつなぐサインは蛍光グリーンのニットで色んなところを覆っています。


_DSF0303.jpg

こういうこと。


_DSF0308.jpg

こういうこと。
面白い、けど作業は大変そうだ。


_DSF0326.jpg

フェスティバルカフェ横の、巨大ショッピングモールの駐車場では、土日にマーケットが立っていました。
2年前は、劇場そばの商店街でやっていたなぁ。
マーケットがあれば、もちろん寄ります。


_DSF0328.jpg

犬の餌の専門点。この"珍"列は面白い。


_DSF0309.jpg

本当に小さな田舎町なので、会場を行き来していれば、必ず知り合いとも出くわします。
ヤンさんもいつもカメラ携帯。


_DSF0350.jpg

フェスティバルカフェ敷地内の別の小屋。こちらは飲み物専用と夜の会場だったのかな?
今回は体力温存の為、夜にカフェで過ごすのは控えたのです。


_DSF0345.jpg

再び、カフェ。いつもの親子家族経営。


_DSF0299.jpg

_DSF0344.jpg

_DSF0347.jpg

_DSF0359.jpg

_DSF0363.jpg

_DSF0372.jpg

_DSF0375.jpg

食事はざっとこんな感じ。
自分では作らないタイプのメニューばかりなので、楽しんで食べられます。


_DSF0331.jpg

_DSF0340.jpg

_DSF0342.jpg

主に午前中にセッティングされているキンダープログラム。結構人も入っています。
驚いたのは、上映後の質疑応答で小学校前の子供達が、自らマイクを持って盛んに質問をしていたこと。
作家さんもノリノリで、次から次に素材を取り出し説明をしてくれます。
これは子供達にとってとても良い体験。


open-screening.jpg

ぼくは、今回オーバーハウゼンに行ったもう1つの目的は、自作のプレゼンテーション。
Open Screeningというプログラムで、インターナショナルコンペティションで選外となった作品について、
作家自身がプレゼンすると言う条件の元上映されるというものです。
申し込みについては、指定された日時からメールでの先着順ということなので、かなりの運任せ。上映されたのは非常にラッキーでした。
このシステムは作家にとって、とても貴重で良い機会だと思います。
上映時間帯としてはコンペプログラムとも重なっていたのですが、観客もかなり多く。選外作品を敢えて見るという需要も高い様です。
10点程の作品の中、殆どがドラマでエクスペリメンタルはぼくだけでした。


_DSF0367.jpg

ということで、オーバーハウゼン国際短編映画祭、2度目の参加でしたが、渡独後最初の映画祭としても非常に良い体験ができました。
また、次の映画祭の映画祭も楽しみ。滞在中何件回れるかな?




posted by ani at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月27日

到着6日目

この日は、掃除の続きと大工仕事。
ベットも買うのはもったいないので、マットレスだけ購入して、フレームは作ることに。
お2階の、久美さんディタにも付き添ってもらいマット購入。これも徒歩3分圏内にマットレス屋さんが2件もあったので、助かる。

_DSF0278.jpg

ディタが工具を貸してくれる。ディタの仕事柄、丸ノコ、ジグソー、ドリル、インパクトドライバー、細かな工具も何でもそろっている。でも、attaで使い慣れたものとちがって、デカイ、オモイ…。

_DSF0281.jpg

_DSF0284.jpg

割ときれいにフレームは出来た。でも、寝てみるとちょっと柔らかいので、今度もう少し補強してみよう。

_DSF0280.jpg

真紀はひたすら、キッチンで掃除。
posted by ani at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月26日

到着5日目

この日から、本格的に部屋の掃除にとりかかる。
朝の出発前に、ママがケルン滞在の間しか使わないんだから新しいもの買うのはもったいないと、
食器など生活に必要なものを色々と貸してくれる。助かります、ありがとう!
その後、ママの車で荷物を運んでいただきます。

_DSF0233.jpg

そのあと便利屋さんdmへ行きつつ、ランチ。
近所のトルコ料理のレストラン、ガラス越しに見えるビュッフェが気になったので入る。
塩気がキツいものあったけど、基本美味しい。生の野菜が沢山食べられるのが嬉しい。

_DSF0235.jpg

食後、まずは、部屋に残っていたいらないもの達を出して、窓ふきなどの掃除から。
そのあと、徒歩5分にある近くのホームセンターMAX BHARへ。

_DSF0236.jpg

_DSF0238.jpg

まぁ、しかし、スケール感が全然違う。日本の1.5倍くらいじゃないかなぁ。
小人になった様で楽しい。大体はなんでも揃っている感じだし、近所にあるのでこれは便利。

_DSF0240.jpg

_DSF0244.jpg

_DSF0250.jpg

今日は夕方くらくなる前に帰宅(エバ家へ)、帰るとパパが夕食の準備中。今日はボルシチ!
真紀も早速お手伝い。

_DSF0257.jpg

美味しい。この旨味は、次の日更に増すんだって。日本のカレーと同じです。

_DSF0264.jpg

_DSF0265.jpg

_DSF0266.jpg

食後は、ママから誘われていた、エバの2人弟の兄の方アルバイヒトくん(日本語読みにするのが難しい名前)の
ライブへ。おそらく20代前半から半ばの若い子達の集うライブバーへ。
会場には椅子がきれいに並べられていて、みんなちゃんと座っての鑑賞。生音ライブ良い感じでした。

_DSF0270.jpg

しかし、弟くんは超イケメンだ。

posted by ani at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月25日

到着4日目

_DSF0230.jpg

この日は、ようやくフラットの契約完了。
部屋は完璧とはいかないが、約1年の仮住まいとしては上出来。
あとは自分達で何とかします、と言いつつもう既に色んな方々にお世話になっている。
今日は、少し掃除をして、必要なものリスト、便利屋dmで買い物など。
夕食は、久美さんにパスタをご馳走になってしまう。ありがたや。
写真はケルン市内のきれいな公園。
posted by ani at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月24日

到着3日目

この日は、昨日のフラット契約予定が変更になってしましったので、午前中はエバ家の部屋でPC仕事を少し方付ける。
その後は、一昨日に部屋の鍵だけは受け取ったので、部屋様子見、掃除を兼ねて向うも、その鍵ではビル自体のドアが開かずで、
拍子抜け…。まぁ、全てがすんなり上手く行くはずもないと覚悟はしてきているので、このくらいでは驚かない。
といういうことで、マイフラット周辺をぶらり。

_DSF0218 2.jpg

_DSF0219 2.jpg

_DSF0215 2.jpg

_DSF0216 2.jpg

ぶらりしながら、近所の広場で定番ヴォルストをパクつく。
真紀の食べたCurry Wurstがなかなか美味い。ちょっと癖になりそう。

_DSF0220 2.jpg

_DSF0214 2.jpg

ぼくらのフラット周辺はトルコ系の多い商店街になっている。なかなか良さげな肉屋さん、魚屋さんあります。
この後に少しお邪魔した、あきさん(大変お世話になっている)も曰くここの魚屋さんはケルンでも珍しく、
レストランからも買い付けに来ているのだとか。確かに品揃えがとても良い。奥には生のタコとかもあった。
これはこれで、楽しみが増えた。日本からマイ包丁を持って来た甲斐がありそう。

あきさん宅訪問後、先程のお肉屋さんで豚肉を購入。今日は、ホームステイでお世話になっているエバ家の家族に日本食を
振る舞うのです。あきさんから、豚肉を薄く切ってもらう注文も教えてもらい。何とか豚の薄切り肉ゲット。
正直、毎日の生活の上では、あまり英語は通じない(使える人が少ない、使いたがらない)ようなので、独語も頑張らねば。
KHMの中でも、特に講義の聴講やスタッフの人達とは独語でのやりとりが大切になる。なんとか夏までには!

Eva家のホスピタリティーは飛び抜けて特別。言葉も分かりやすい英語で対応してくれる。
本当にお世話になっていて、何と感謝してよいやら。できることは、もう何でもしてお返ししたい!
ということで、今宵は日本食ディナーで居候ながら勝手におもてなし。

_DSF0223 2.jpg

前菜は、キュウリとかぶのゆかり和えと十勝さん切り干し大根のペペロンチーノ風サラダ

_DSF0221 2.jpg

スープは、お吸い物にドイツのスープにも入れる見た目はお麩のような、まーるいスナックをちりばめて

_DSF0222 2.jpg

メインは自家製タレに漬け込んだ豚丼、お米は日本ぽいお米よりも現地の好みに合わせてジャスミンライスをチョイス。
海外で食べるタイ米系のご飯、ぼくはこれはこれで美味しいと思っている。もちろん質の良さは日本米がダントツ。
でも選択肢としては色々できると面白い。

_DSF0224 2.jpg

喜んでもらえるか、少し不安だったけれど、家族皆とても美味しそうに間食してくれた。弟くんは醤油とゆかりでご飯おかわり。
良かった良かった。和のデザートを用意出来なかったのが心残り。ま、それはまた次回で!


posted by ani at 10:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月23日

KHMへ

さて、今日は月曜日。KHMへ行ってきます。

_DSF0183.JPG

朝食は、ママが食べてるものを教えてもらって、シリアルとバナナと温かいミルクのミックス。
こういうのにも抵抗はありません。けっこう美味しいです。

_DSF0187.JPG

イースターの仮設遊園地撤収。
ホームステイ先のエヴァ家からは、KHMまで歩いて20分程度、今日は徒歩で橋を渡ります。

_DSF0192.JPG


柵の色が豊平川の橋と同じで親近感。

IMG_0156.JPG

橋を渡ってすぐに、KHM発見!
でも連絡もらっていた住所とは少し違う様な…、5分程辺りをウロウロ。
ケルンの人は、道端で聞いても親切に教えてくれます。同じ並びの違うビルだったみたい。

IMG_0161.JPG

まずは、出国前の書類のやり取り等、手続きを進めてくれたEvelynさんのオフィスへ。
分かりやすいい英語で親切に説明してくださいます。
入管書を受取の為のサインを。これで自由にKHM施設への出入りができるそうです。よし!

それから、さぁ行こうということで、KHMの案内をしてくださいます。
まずは、アート分野の教授、フェローの方々へご挨拶。
この日ぼく等が居た時間にはMatthiasは不在で、残念。

IMG_0166.JPG

IMG_0169.JPG

その後、ではではということで施設を回って行きます。
MatthiasやPhilの実験映画の講義で使う教室。コンパクトですがきれいです。勿論映写機も完備。
7月からのMatthiasのサーマクラスの初回でぼくもレクチャーをする予定です。

IMG_0172.JPG

ここは、ファインアートの学生用アトリエ、庭にも学生の作品が放置、あいの里のトレ室を思い出します(笑)
しかしこの積み重なった大量のフィルムは何につかうんでしょう?

IMG_0176.JPG

写真ラボへ見学に入った際に、突然のPeter Millerとバタッリ!2年前のOberhausenで会ってから、作品が気になる作家でした。
確か2年前からKHMのフェローだったはず。こんなに早く再会となるとは。
すげー気さくなナイスガイ、また、じっくり話しましょう!

IMG_0179.JPG

写真ラボ、アナログプロセスも見る?と聞かれて、勿論!ということで地下へ。
あまり使われていないのかとてもきれい。しかしながらデジタル同様に充実です。色々と想像が膨らみます。

IMG_0190.JPG

道路を挟んでビルがいくつもあるので、けっこう移動が大変です。

IMG_0195.JPG

編集用の施設、編集ルームがいくつもある。これとは別のフロアにアナログ用もあります。

IMG_0199.JPG

三角屋根の最上階は、デザインラボとMacルーム。
とここで、Evelynさんが、他の約束があるので、また14時からにしましょうと、お昼休憩の提案。
この時点で1時間程の案内で12時半でした。Evelynさん、めちゃくちゃ丁寧できっちり仕事をされる方です。

IMG_0211.JPG

後半戦、先ずは、広いフロア2つに細かな工具、電子パーツ、古いPCなどもちりばめられた、
恐らくディバイス系のメディアアートラボ。何かカジュアルで面白そう。

IMG_0212.JPG

IMG_0214.JPG

IMG_0216.JPG

続いては、撮影機材のレンタル施設。黒ずくめのいかにもなスタッフが脇目も触れずに仕事中です。
ちょっと恐い…。しかし、これは圧巻の充実度。再生機やモニタにsony、Pnasonicが多いねと言ったら、
Evelynさん、ホームシックになったらここに来たら良いわよ、ですって(笑)
ここの機材は、担当教授のMatthiasのサインがあれば借りられます。

IMG_0219.JPG

IMG_0220.JPG

アニメーションのラボ、学生さんが1人作業中で、説明をしてくれました。
かなり大きめのセットが奥にも3つ4つありました。アニメーション撮影台も。
うーん、ここでも何か出来そうだなぁ。

他にもレーザーカットや3Dプリンター、サウンドのラボなど色々な設備を回ります。
そして後半戦1番の盛り上がりは、ここ。地下にあります。

IMG_0211.JPG

IMG_0223.JPG

IMG_0228.JPG

IMG_0229.JPG

一番最初に挨拶したMartinaさんが作業中。レーザー照射の特殊なカメラによる、ホログラムプリントのラボ。
Martinaさん挨拶した時からとても丁寧で、日本語の挨拶もしてくれて、ここでも細かく色々と見せてくれます。
うーん、これまた想像が膨らむ。

IMG_0226.JPG

IMG_0227.JPG

そして、ぼくの居場所になりそうな所を発見!
Martinaさんも、笑いながら「Many many chemicals!」ぼくもニコニコで「Oh Yeah!」
Evelynさんにここが一番合いそうですって言ったら、「えぇ、そう?」みたいな顔されちゃいました(笑)
このアンダーグラウンドのラボには、他に学生用のアトリエブース件展示スペースの様なところもあって面白いです!

IMG_0230.JPG

その後、カメラ機材のボスのところへ。ボスはとても優しそうな方。スパー8、16ミリ、スーパー16ミリ、35ミリ、カメラと
レンズ沢山揃っているよとのこと。先程のスタッフの1人が熱心にレンズのクリーニングをしていました。

IMG_0234.JPG

IMG_0232.JPG

IMG_0236.JPG

最後は、クラシックな建物のライブラリーへ。
視聴覚資料もVHSのテープから揃っていて、ここでも色々とリサーチ出来そうです。

ということで、初回はアートのセクションの方々への挨拶くらいかと思いきや。
Evelynさは、休憩まで挟んで、9つのビル全ての施設を案内してくださいました。
本当に感謝です。全行程徒歩と階段だったので3人とも少し息切れ気味でお別れ。
この記事では、25%くらいしか紹介できていませんが、まぁこれから長いので、またその都度紹介したいと思います。

わくわくするなぁ〜。

この日は、この後、部屋の契約をする予定だったのだけれど、ちょっとしたトラブルがあって延期。
まぁ、その辺は佐竹ブログの方で。

_DSF0195.JPG

_DSF0198.JPG

_DSF0207.JPG

_DSF0210.JPG

帰ると、エヴァファミリー総出でディナーの準備。今日はキッシュと シュパーゲルスープでした。
本日も美味しい食事に大満足!感謝感謝です。

_DSF0211.JPG

食後は、家族写真のスライドショーなんかで、それぞれの国、家族の同じ所、違う所の話で盛り上がる。
うーん、よい時間だった。
posted by ani at 05:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記